アクセスカウンター

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめ絵本

アマゾン

ブクログ

  • ブクログ

こどもあり夫婦

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

覚えていたいこと

2012年12月24日 (月)

こどもたちのクリスマス大会

xmas xmas xmas メリークリスマス xmas xmas xmas


今日は、大阪でも一瞬 snowsnowが降りましたよ。

玄関のたたきの掃除や、窓ふき溝掃除など、

徐々に大掃除をはじめていますが、

こう寒いと 大掃除はキツイですね・・・crying

年賀状にもまだ手をつけていませんし、

今年もあと少し・・・なんて、

おいおい、もう少し待ってくれやしないかーーいsign02

と思ってしまいます・・・(;´Д⊂

さて、こどもたちのほうは、冬休みに入ってすぐに 宿題にとりかかりました。





次男
は、1日目で、プリントは全部終わり。

長男も今日プリントを終えました。

あとは、毎日する計算カードなどはありますが、 

2人とも新聞を書いたら、宿題は終わりなんだそうです。

思えば、去年は、長男だけが宿題をしていましたが、

今年は次男も一緒にこたつに入って宿題をするように。

2人でやると、案外早く終わるものなんですねwink



クリスマス・イブ
xmasも、

宿題が片付いてると気分が違うものなんでしょうね。

今日は、お昼にribbonクリスマスらしい料理ribbonを作って、

食べました。

Dsc08261 Dsc08259
















Dsc08264 Dsc08257 Dsc08263 Dsc08271











これは、シャンメリーに市販のゼリーを入れてみたんですけど、

よくわかりませんねhappy01

Dsc08267 Dsc08266

おなかいっぱいになりましたhappy02



夜は、晩ごはんのあと、こどもたちが

『クリスマス大会』(←なぜか大会coldsweats01)をしてくれるというので、

とっても楽しみnoteにしていました。

さあ、クリスマス大会のはじまりです。





サンタ???
トナカイ???の 

入場ーーーup

Dsc08293

裸足のサンタクロース

段ボールのソリに乗って やってきたnote

(『あわてんぼうのサンタクロース』のメロディで読んでくださいねhappy02)


まずは、ビンゴ大会なんだそうです。

ビンゴは、長男が担当します。

紙に縦線、横線をひき、自分の好きな数字を書き入れたら

いいのだそうです。


私はこんな感じに。

Dsc08294

次男はこんな感じに書きました。

Dsc08295


めっちゃ、アバウトsign03

そこで、長男が、はじめから決めていた数字を読み上げていきます。

「1、12・・・」 私ははじめから、縦がそろってしまったので、

「ビンゴsign01

と言いました。




「縦横に2回そろったら、ビンゴだよ。ママはリーチhappy02

よくわからないので、「リーチ」と言いました。




それからも長男が数字を読んでいきましたが、

私は、数回で、「ビンゴsign03

Dsc08297

1位になったので、バブちゃんサンタのお手紙をもらいました。

Dsc08299
近いうちに、バブパラ漫画をくれるそうですconfident





次は2人で演奏会をしてくれました。

次男はトナカイの耳がないので、ネコ耳つけています。

Dsc08306

りんりんりん りんりんりーん すずがなるーーnote

いろんなリズムに変えて、演奏してくれました。






そのあと、xmasクリスマスxmasらしくはないのですが、

長男【ジェームズ・ボンドのテーマ】を弾いてくれました。

長男は、こんな映画の曲とも知らずに弾いていますが(笑)、

かっこいい曲ですよね。



次男は、この曲を聞くと なぜか踊ってしまいます。

ぐるぐるぐるぐる回っていました。

Dsc08329


次は、この曲をかけながら、なぜか2人で闘っています。

Dsc08335

どうやら次男が打たれたようです・・・(笑)

そして、最後には・・・・・、

Dsc08338

2人とも倒れてしまったのでした ( ゚д゚)ポカーン

演奏会は、そこで終了sweat02




なんのこっちゃsign02



長男:
「えーと、最後に言葉を言いたいと思います。

    えーと、〇〇〇くんは(次男のこと)、今年大きく成長しましたね。

    小学校に入学して、もうこんなにでっかくなっちゃった・・・。




    そう思うと、なんかちょっとさみしいけど・・・・・、

     まあ・・・、そのうち、ぼくぐらいでっかくなるよsign01



そこで、自分もなにか言わねば・・と思った次男。







次男:
「ママとパパは、

    えいぞうをとるのにむちゅうになってて、

    ぼくはおにいちゃんのえんそうをきいてたから、よかったhappy02






だんなさん&私:「そんなことないよsign01ちゃんと聞いてるよsweat01



長男:「パパ、あの、いつもお仕事、おつかれさま。

   それで、ママも いつもおうちの家事とかがんばってくれてありがとhappy02

と言って、長男は私に抱きついてきました。

次男はこういうときは、やきもちを焼いて、すぐに横入りしてきます(笑)



でも、長男は私からすぐ離れて、そんな次男を抱きしめていたので、

次男長男に抱きついていました。







また自分も何か言わねばと思った次男








次男:
「それから・・・・・・、

    




    まだ・・・・・、

    




    つづけていってくださいsign01

だんなさん&私:「は?(゚0゚)」






ようするに、仕事も家事も

そのまま続けていったら、いいんですね・・・( ´,_ゝ`)ハイハイ



長男:「うーんとー、 これで、

    第1回、〇〇家、クリスマス大会を終わります」






だんなさん&私:「また来年もやるんかい」




次男
:「またみてくださいsign01






ぱちぱちぱち・・・と拍手をしてお開きにしようと思ったら、






長男:

「それと、来年、1月1日に

   今度はお正月大会をやりますsign01」←なぜ、大会?




次男:
「おねがいします。みてくださいsign01




来年は、長男も中学生。

正直 いつまで私たちにつきあってくれるかな・・・。





先のことは、わかりませんが、

今日は、こんなクリスマス大会sign02をしてもらって、

思いがけず楽しい1日になりました。

もうすぐ、2人には、サンタさんがやってきますねwink

サンタさんへのお手紙を拝見。

次男

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

カードリーダーVSパックほしいよ。

プレゼントチョウダイ

カードリーダーVSパックです。

サンタへ 〇〇〇より

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

ちょっとえらそうな次男の手紙coldsweats01

長男は、

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

サンタへ・・・(きみもかsign01)


プレゼントはダンボール戦機でいいですか?

プレゼントを二階の真ん中の部屋においといてください。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

いっーーーぱい楽しませてもらったから、

サンタさんはきっと、君たちの願いをかなえてくれると思うよ。


night2人とも ぐーっすり おやすみnight

明日の朝を夢見ながら・・・・・wink

にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村

2012年12月16日 (日)

次男の作曲発表会

寒すぎて 寒すぎて 寒すぎて

つらいよぉぉーーぉーぉーnote

と歌っておどりながら小刻みにジャンプしてみたい気分の今日この頃ですhappy02

寒いせいかsign02

久しぶりにを見ました。

私は、家族で、どこかへお出かけしようと

並木道みたいなところを車で走っています。

それがなぜかのっている車は、

ファミリーカーでなく オープンカー

車のなかには、長男の姿もなかったような気がします・・・。

道をずぅぅっと走っていると、急に

前方から大きな黒いハグロトンボオニヤンマみたいな

トンボが飛んできて、




ビタッsign03

っと、私の口にはりつくんです。




私はもうびっくりして、そのトンボをはがそうと もがきまわりました。

そこで目が覚めてしまったという・・・。





長男
は、ちょっと前に、

セミが羽化しているのを見ていたら、

抜け殻から出てきたものが セミではなく、

見たこともないバケモノだった夢をみたそうです。




次男
にはハチが出てきたみたいですし、

家族で虫シリーズの夢を見てしまってるみたいですcoldsweats01

ちなみにだんなさんは、びっくりするぐらい寝言が多い人ですけれど、

夢は覚えていないみたいです。

子どものころは、「前にこの場所、夢で見たような・・・」といったような

こともありました・・・。

デジャヴとかいうんでしょうか?

夢を覚えていると、ついつい気になってしまうものですね。



みなさんは、最近、どんな夢を見ましたか?






寒いと、大根料理がおいしいですよね。

今日は道の駅に行ってきたのですが、

夕方だとあんまりお野菜が売ってないんです。

残っていたのは、こんな大根でした。

Dsc08178

なんだかこどもの足みたいで、キュートでしょうsign02

切っちゃっていいのかしらん?なんて思いながらも、

さっさと切って、すりおろし、みぞれ煮に使ってしまいました~。

おいしかったですheart02

昨日、次男が久しぶりに熱を出しました。

でも、これ、いわゆる知恵熱というやつかも・・・。

というのは、先週の日曜日に次男の作曲発表会があったんです。

次男も7月から、音楽をはじめてしまったんですよ~。

なんでも、ずっとおにいちゃんに憧れていたらしいんですよね・・・。





長男
次男では、兄弟でも性質が全然違います。

ちょこまかする次男には、身体を動かすほうがあっていますし、

音楽をさせるつもりはまったくありませんでした。

とりあえず、すぐやめるだろうけど、本人の気がすむまで、

ためしにやらせてみよう・・・とはじめたレッスン。

それが親もビックリのスピードですすんでいき、

レッスン本も3冊目にsign03

あれよという間に、幼児科の2年分のレッスンに追いついてしまい、

両手奏でニ短調、イ短調の曲も弾くようになり、

8月の半ば過ぎの授業では、グループレッスンに合流することができました。

小学3年生の女の子と一緒のクラスです。

しかもグループになってからは、授業がもっと楽しくなったらしいです。

女の子のママさんがいうには、

次男がいるから絶対にレッスンを休みたくないとsign01いってくれているらしく、

いつ私が迎えにきても、ふたりとも楽しそうにしていて、

うれしくなります。

9月には、初級の試験も受けました。そちらも見事合格。

そして、今回のこの作曲の発表会です。

先生が

「はじめて作った曲を 誰かの前で発表するいい機会になると思うので、

でましょうね」

とおっしゃったので、

はずかしがりやの次男にはいい経験になると思い、出ることにしました。

ところが、次男の作った曲を聞いてみると、

たったの16秒ほどの曲なのです。

しかもネコが鍵盤の上をたまたま踏んでいったの?

というような、およそ作曲とはいえないようなレベルです。

こんなんで本当にいいの?

「はじめて曲をつくった子ばかりのクラスにでますから、

片手演奏の子ばかりで、短い曲ばかりですし、

衣装などもそんなに気にしなくていいので、気楽に出てください。

まず舞台にあがる経験をしてもらいたいと思うので」

ということでしたが・・・。

当日の朝がきました。

次男は、夜もなかなか眠れなかったのに、朝早く起きてきてしまいました。

私が「もしかして緊張してるの?」

と聞くと、

「きんちょーする」

といって、なんだかそわそわそわそわしていました。

Dsc08158_4   

ものすごーく不安そう・・・coldsweats01

行きの車の中でも、緊張している様子でした。

サロンに到着したときも、

同じクラスのママさんや先生が

「いつもとちがうーーー」と笑ってしまうぐらい、

おとなしかったです。

この発表会の次男の出番は、1番目。

通常の演奏とはちがい、〈おんがくのたまご〉という

初参加組の枠です。

ちなみに〈おんがくのたまご〉は、同じクラスの女の子と次男

2人だけでした。

先生のうそつきーーー。

初参加の子ばかりっていってたのにsign01です。

こんなこじんまりしたサロンでの演奏です。

以前の長男の予選も ここでおこなわれました。

Dsc08131

私たち家族は、1番前の席に座りました。

司会の方が発表会のあいさつをすませると、

すぐに次男の出番です。

「プログラム1番。○○○○○さんの演奏で、

曲は『だんだんのぼる』です。




次男
は目をふせながら、すたすたと歩いてきました。

緊張しているときは、まばたきをたくさんしてしまう次男

顔もこわばっています。

とっても心配sign03




こうやって、人前に出られるだけで、

私よりよっぽどエライぞsign01 ガンバレsign03



心の中で、エールを送ります。


次男は舞台真ん中に立って、忘れずに一礼しました。

拍手をもらいます。




小さく、身のこなしの軽い次男。

すちゃっと エレクトーンのイスに飛び乗り、

USBメモリを差し込みました。

自分でデータも呼び出しています。



その間に、司会者が次男の作曲のコメントをいってくれました。






朝、だんだんと太陽が東からのぼってきます。

さわやかに目が覚めるようにイメージして作りました。

次男は演奏前に 少し息を整えたように見えました。




それにしても・・・・・、身体がちっちゃすぎて、

ほとんどがエレクトーンに隠れてしまい、

こちらから見えるのは、顔の部分だけです。






そして・・・・・、16秒。




あっという間に演奏を終えましたが、

次男は、終始落ち着いて演奏し、

心をこめて身体で演奏できていました。



演奏が終わると、イスをおりて、また一礼。







ここからは、もっと緊張したようです。

なんとsign01

この〈おんがくのたまご〉部門だけ、インタビューをされるのです。

司会者: 今日は緊張しましたか?


次男: 
はい


ものすごーくちっちゃい声なんですけど∑(゚∇゚|||)

それでも、みなさんが「かわいーheart02」など、

ほほえましく見てくれて、ほっとしました。


司会者: 今日はうまくひけましたか?


次男: 
ひけました


司会者: この曲をつくるとき、大変だったこと 

      むずかしかったところはありますか?

次男: ・・・ありません





場内、爆笑sign01

きっと ここは、こういうところが難しかった・・・とかいう

エピソードが期待された場面ですね~



司会者: 来年も出場していただけますか?

次男: はい

司会者: 来年もまたお待ちしています。

      ありがとうございました。

次男、また一礼。




そして、忘れずに自分のUSBメモリを抜きにいき、

ものすごいはやさで、自分の席に戻りました。



終わったあとの、次男は、にこにこ。

いつもの次男です。



やっと笑ったよ~

ほっdash

いままで、長男の応援団でしかなかった次男

まさか音楽を演奏するほうになるなんて・・・。

長男次男が音楽をはじめたことは、とてもうれしいみたいです。

帰り道に、甘いものがほしくなって、

ニューヨークスタイルのスイーツを買ってきました。

洋画ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』で、有名になったそうですね~。

私ははじめて食べます。

POPな色合いがかわいいheart02

ウーピーパイ と ワッフルです。

Dsc08146_2 Dsc08150 Dsc08143

ウーピーパイのほうは、その名前で、サクっとしたイメージかと思っていたのですが、

実際は、エンゼルパイをもっとふんわりさせたような触感でした。

それと見た目からは、ものすごーく甘いように思うのですが、

マシュマロみたいに控えめな味で、中に入ってるジャムなどで味わおうというスイーツでした。

なにはともあれ、いざ本番となると、堂々とした演奏を聴かせてくれた次男

緊張の糸が切れたんでしょうね。

原因不明の熱は、朝に出て、昼前にはさがってしまいました。

こういうのって、やっぱり知恵熱というのでしょうかsign02

にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村

2012年11月 4日 (日)

お手伝い

今日は、秋晴れのいいお天気でしたね。




何かと用事が多く、風邪気味でもあり、

ココログにもしばらくINできずにいたのですが、

昨日も外出先で頭が痛いな~と思っていたら、

とうとう熱が出てきました。




久しぶりにダウンdown





朝には熱はさがっていたのですが、

熱を出すと、すぐにはシャキッと動けないものですよね。




不運なことに、こんなときにかぎって、

だんなさんはお仕事があったりするのです。




朝は、こどもたちを食べさせて出かけてくれたのですが、

お昼ごはんは・・・gawk




そこで、

家事をこどもたちにやってもらうことにしました。




普段、お休みの日には、

お掃除お洗濯お風呂掃除水やりなどは、

こどもたちにお手伝いさせているのですが、

今日は、お昼ごはんを作ってもらうことにしました。





長男
が家庭科の調理実習で習ったメニューを

作ってくれるとのこと。


家庭科の教科書とにらめっこしながら、

がんばっていました。




こどもが火を使うため、私も近くにはいますが、

料理は長男まかせにして、のんびりすることに。



簡単な料理は、たまに手伝ってもらってはいるのですが、

全く私がつかないで料理するのは、はじめてのことです。




長男
は、「ざるはどこ?」「鍋はどこ?」とバタバタsweat01

トン・・・・・・トンsign01と言う感じで、包丁の音がしてくると、

長男が手を切ってしまわないかとドキドキheart03して、

思わず様子を見に行きたくなりますが、

ガマン、ガマンwobbly





そんななか、次男は、長男のまわりをちょろちょろしては、

つまみぐいを繰り返していましたcoldsweats01





次男
は、卵を割って、混ぜる作業を手伝っていました。

さて、できあがったのが、こちらshine

Dsc07262



ごはん、大根と油揚げの味噌汁、

きゅうりとわかめの酢の物

いりたまご、納豆。





大根もきゅうりも超ごんぶとでした(笑)が、

涙が出るほどおいしかったですhappy01



ほめ上手な次男



「おにいちゃんがつくったごはん、サイコーにおいしいupupup


「いくらでも食べられるnote


などというため、長男も上機嫌heart02



しかも次男は、すかさずだんなさんにも電話mobilephone




長男
がごはんを作ったことを報告して、



「パパがおにいちゃん、えらいねって言ってるよ~」と言うので、



長男
はますます上機嫌heart04でした。




お味噌汁の残りも「おかわり大会だーーsign03」といって、

二人で全部食べてしまいました。



後片付けも長男が担当。

私は大助かりでした。





洗濯物も、二人で入れてくれましたが、

こんなときも次男は、途中から遊び出します。




こんな感じで、途中からだんなさんの部屋着をはいて、

おしりふりふり踊っていました。

Dsc07264




夕食はさすがに私が作り、

デザートにをむいてあげたのですが、

こどもたちは柿のタネを持ち出し、

プランターに植えに行っていました。



はたして芽が出るのかは謎ですけれど・・・coldsweats01





長男

は8年かかるっていうし、〇〇〇が19歳

〇〇〇が14歳になるまで、きっと食べられないね~happy02

といっていました。





19歳
なんて、遠い未来のことのように思っていましたが、

この一年の過ぎ行く速さを考えると、

きっとあっという間にやってくるのでしょうね(@Д@;





8年後には、次男がだんなさんの部屋着を着ても、




そのときはぴったりサイズになってしまうのかな?




次男
のかっこつけも 本当にさまになってくるのかな?



そんなことをちょっと考えてしまいました(*^-^)




正直、休日に熱を出すと、こどもたちがいるので、

ゆっくり休めないな~と思っていたのですが、

思いがけず、こどもたちに助けてもらえて、本当によかったです。






衣替えのときに出てきた洋服。

Dsc07162

Dsc07163
















いい言葉ですねlovely





さて、そろそろクリスマスxmas





次男
サンタさんあてにまた手紙を書いていました。

いつものごとく、サンタさんへのお手紙なのに、

メモをひきちぎって書き、

リビングのドアにはりつけています。

Dsc07171_2 

Dsc07170


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。



サンタサンへ

カードリーダーVSがほしいからちょうだい

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。



サンタさん

が見ていてくれるといいね(o^-^o)



そうそう、延期になっていた次男どんぐりひろい遠足ですが、

Dsc07161

sun快晴sunのなか、無事行ってきました。

Dsc07160_2


その日も、次男は早く起きてきましたが、

私がお弁当を作っているのを見て、

「ママ」

と呼びました。



「何?」(←もしやまた手伝うとか言うんじゃsign02)



すると、次男は、

「おべんとうつくってくれて、ありがとhappy01

ひしと私に抱きつきました。



こういうところが、下の子のすごいところですね。





そんな次男が帰ってきて、

「おみやげ~happy02」と渡してくれたのが、これ。

Dsc07164

なぜか海のものでした・・・・・・∑(゚∇゚|||)

にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村

2012年10月14日 (日)

小学校の運動会

先日、当て逃げされ、破壊されてしまったタイルは、

保険を使えることになったので、工務店さんにお願いして、

早急になおしてもらいました。

Dsc06897

タイルが廃盤になっていたため、角だけ色が違う階段にcrying



そして今は、ご近所さんのアドバイスもあり、

この階段の前にカラーコーンをおいています。

なんだか見た目がかっこ悪い階段になってしまいましたが、

二度と当てられないようにするためには、仕方がないです。





イヤな思いをしましたが、なんとか解決したので、

やれやれsweat01です。






そうそう、
ミディトマトを買ってきたのですが、

ちょっとめずらしい、こんなトマトが入っていましたheart02

Dsc07003 Dsc07002
















画像ではわかりにくいかもしれませんが、

Dsc07001




ふたつがひとつ
になってるんですよ~。

こどもたちは、

おしりトマトsign01

と大騒ぎheart01


たしかにクレヨンしんちゃんのおしりみたいな形になってますよね(笑)

切り離すと、こんな感じです。

Dsc07004





おしりトマト
と言われると、

なんだか食べる気がしない(笑)ので、

このトマトトマト好きな長男にあげてしまいました。




珍しいせいか、いつも以上においしく感じられたそうですよ~happy02








それと、最近、パソコン用に伊達メガネを買ったのですが、

こんなメガネおきにかけています。

だれかに似てる?

Dsc06903




さてさて、また題名と関係ないことを書いてしまいましたが




10月はじめにおこなわれた、小学校の運動会のことを・・・。 またまた長い記事になってます。

その日は、typhoon台風typhoonのため、

学校が休校schoolになってしまったんです。




でも、お弁当は作ったので、一応記念撮影sign01

Dsc06902_2 

運動会は、平日の火曜日に行われました。




この日は、ものすごーく暑かったですsweat01



私は、前に陣取られた方の

それはもしや断熱シートではsign02・・・と思われる

銀のシートの反射のせいで、

上からも下からも太陽光攻撃を受けたため、

なぜか日傘を下に向けて光をブロックするハメに・・・impact




日焼けしまくり~、頭くらくら~で、

こどもたちを応援していました。

Dsc06913

この日も当然お弁当。

うちの学校では、児童たちと一緒にお弁当を食べないのです。

児童は教室でお弁当を食べます。

昔は親と一緒に食べていたイメージがあったのですが、

今は熱中症などの問題もありますものね。





なので、親の方は、いったん外食に出たり、

お弁当を買って来たりする人もいます。

私はschool小学校schoolと家が近いので、一度家に帰ってお弁当を食べるんですよwink

私は学校の役もしているため、運動会はバタバタsweat01です。




当日は入場門のところに立ち、ロープ内に入ってくる人に注意をしたり、

後片付けをしたりと、いろいろとお仕事がありました。



しかも母が見に来てくれるというので、母のために席もとらねばsign01



コピーロボットがほしいな・・・と夢見ながらの弁当作りでした(笑)




運動会、遠足では、こどもたちが喜ぶので、

からあげや、とんかつなどの揚げ物をいれがちなんですけれども、

本当は、運動会のときには、揚げ物はngなんだそうですね。





消化にいいものやエネルギーにかわりやすいものを

作ってあげた方がいいみたいですhappy01




でも、残さず食べてほしいから、やっぱりこどもたちの好きなもので~heart04

Dsc06909




うちのschool小学校schoolは、3クラスまでしかなく、

全学年の1組が、2組が、3組が黄色という色別の

対抗戦になっています。



今回は、長男が2組で、



次男
が3組で、黄色です。




いったいどっちを応援したら~?状態でした。





長男
にとっては最後の運動会だし、

次男にとっては、はじめての運動会・・・。





ちなみに青組は、なぜか毎年強いんです。

今年は4連覇がかかっていました。

途中、こんな場面もあったんですよ~。

Dsc06915




まさかの超接戦でしたΣ(・ω・ノ)ノ!





午前中は、長男次男の徒競走。






長男
は、走るのがとにかく遅いですし、勝気さのかけらもないため、

6人中5位でした。




長男は、

「途中から、後ろにだーーーれもいなくなったんだよ~

超あせった~っっsweat01

でも、ビリじゃなかったんだから、〇〇〇、すごいよね~happy01

とのんきに言っていましたけれど・・・coldsweats01






次男
は、長男よりは、ちょっとだけ勝気です。

でも、何の努力もしない勝気くんなので、これも始末が悪いです。




以前の練習のとき、6人で走ったそうなのですが、

次男は大差をつけられた、2番sign01




すると、1番だった子が、得意げに

「こんなのかるく1位とれるわ!みんなおそいやつばっかりやもんsmile」と

せせら笑ったそうです。





それを聞いた次男sign01

やめときゃいいのに、


「それはどうかな・・・・・?

ホンバンまで、ショウブはわからんでぇーーー」と

かっこつけて言ったんだとか(笑)


はたして、本番はいったいどうなる・・・sign02






そして、まもなく一年生の50m走・・・。




次男
は入場門のところで、しきりに私の姿をを探している様子。





私は走ってくる次男の姿を撮りたいため、

ゴール位置で、スタンバイしていました。





今回は平日の運動会になってしまったので、

だんなさんが午前中は

仕事を抜けられなかったのです。ビデオは私が撮らなきゃsign01

もう責任重大sign03なんです~。




しかも背の低い次男はなんと一番走者sign01





朝に、新しい体操服を着せようと思って出したのですが、

なぜか次男

ピッチピチに身体にフィットしている体操服がいいsign01といってきかないので、

かっこつけて入場しているわりに、

少々おなかがポコンと出ています・・・。



動くといまにもおへそが飛び出そうな

ぽんぽこりんおなかです∑ヾ( ̄0 ̄;ノ





これから次男が何位になるのかよりも、

そのことのほうがとっても気になる私・・・(;;;´Д`)ゝ






「位置について」






「よ~い、ドンsign03




パンimpact






ピストルの音がすると同時に、一斉にこどもたちが走り出しました。





自分のことではないのに、

なんだか心臓がきゅうぅぅ~っと締め付けられる感じがします。




胃液があがってきそうな・・・緊張感sign03

ビデオカメラを持つ手も、汗ばんできます。



心の中で、

がんばれ、がんばれsign01


応援し続けています。

でも、50mなんて、あっという間に

motorsportsゴーーーーーーールmotorsports

なんと次男はほんのちょっとの

おなかの差の2位でしたsign03 1位かと思いましたから

ぽんぽこりんおなかなのに、ちょっとだけ及ばずdown

次男は身体が小さいので、これは大健闘といえます。

親ばかですが、最後の追い上げが素晴らしかった~。



本人は「2位になっちゃったweep」すっごくくやしそうにしていましたが、

私はすっごくうれしかったheart01です。




さすがにあの1位を得意げにしていた子も

ゴール前では、横の次男を確認してあせってましたconfident





負けちゃったけど、がんばったよねwink




次に次男のダンスがあったのですが、

曲は、ワンピースの『We Go!』



この曲、ノリノリですねnote

一年生全員がポンポンを持って、踊るんですけど、



みんなマイドマイド星人みたいに

おしりプリプリheart02してるんですよ~。




黄色のポンポンが鮮やかで、

元気があって、とってもかわいらしかったですhappy02





ところで、うちの学校では、一年生と六年生のみ

保護者参加である親子競技があるんです。





午前中は、六年生のほうのつなひきがありました。

前述のとおり、だんなさんはこのときは来ていませんので、

出るなら私が参加しないといけません。






でもでも、私は、8月に目の手術をしてて~。




術後数か月は、重たいものを持ったりしたらいけませんよ~と

お医者さんに言われていまして・・・(;´Д`A ```







つなひき
となると、かなーり力が入りますから。




しかも私の性格上、出るとなると、『やっているふり~』とか

そういったことは、絶対できないわけなのですbearing




なので、つなひきは『ごめんね、参加できないわ』と

長男には言っていました。



ところが、この親子競技sign01

入場門のところを見ていると、

自分のこどもの隣に親がペアになって、並んで待っているのです。




それを見ると、ちょっと体調がどうのこうの・・・なんて

言ってられなくなりました。

しかも長男にとっては、最後の運動会ですし、

ひとりポツンとしていたら、かわいそうですもんね。






やっぱり出ちゃいました。




そして、それこそ目ん玉が飛び出るほど

全力でがんばっちゃいました~。




結果は、見事、2連勝scissors









午後からは、長男の騎馬戦。

3人がひとりを上にのせて、帽子を奪い合います。





長男
は障がいのある子を上にのせているので、

とにかく逃げ回る作戦をたてたそうです。

騎馬が生き残っていたらいいんですものねconfident






長男
の2組は2位でしたが、なんとか逃げ回っていて、ほっdashとしました。

あと、大玉ころがしなどもありました。





長男
が一年生のときは、

まさかの大玉ころがされsign01




自分までもが大玉と一緒にころがっちゃう~という

とんでもないアクシデントがありましたが(笑)、




次男
は、しっかりと大玉を転がしていました。





一年生の親子競技である、玉入れは、

午後から少しお休みをもらっただんなさんが出てくれました。





そして、やっぱりメインは6年生の組み立て体操



組み立て体操は、曲にあわせての演技。

炎のランナーやレッドクリフ、銀色のシーズン、ゆずの『虹』『with you』、ビートルズの『Let It Be』など、

演技に合わせた選曲も見事でした。

今年は、こどもらが側転したりして、入場しました。




そして大勢の子が2本の竹の棒を肩にのせ、

その棒の上で逆上がりをし、ツバメのポーズ。




その棒の上に二人の子がのぼり、徐々に棒をあげていき、

上の子が立ってポーズsign01





最後にひとりだけが、このようなポーズを決めました。
Dsc06930_2




そのあとも、ジャンピングピラミッドという

曲に合わせて流れるようにピラミッドができてはくずれ、

またできてはくずれるものやら、





トラストフォール
といって

一人だけを下の子たちがものすごいスピードで持ち上げて立たせ、

そのままその子がバックで落ちて、みんなが受け止める。

それを曲にあわせて一拍ごとに繰り返す技なんかもありました。

本当に『信じて落ちる』技なんですよね。

思わず、「おお!!」と歓声をあげてしまいました(*^-^)




長男はこのときの複数技では、朝顔という技をやっていました。

10人でする技です。


5人の大きな子が肩車をし、

上の5人の小さな子が手をつないで、曲に合わせて、

荒川静香さんのイナバウアーのように一斉に身体をそらすんです。そして、また戻ってくる。 これはかなり腹筋がいりますね





本当に朝顔が開いたかのように、優雅で美しい技でした。


長男は、走るのは遅いのですが、体操はできます(笑)

一人技である、倒立、ブリッジは大の得意。

安心して見ていられました(o^-^o)


数人でする技は、身体の小さい長男は、

ほとんど上に持ち上げられる役でしたね(笑)

ふたりの肩の方の上に立ってポーズとか、

サボテンとか綺麗に決まっていました。

与えられた、長男なりにできるポジションを精一杯がんばっていました。





全員でのピラミッドの前に、こどもたちからの言葉が。



小学校最後の運動会。 絶対成功させてやると 心に誓った。 不安だらけの中

仲間を信じて 挑戦しつづけた  ぼくたち わたしたちは 輝き続ける STAY GOLD



曲はゆずの『虹』



音楽に合わせてこどもたちが次々にピラミッドをつくりあげていきます。

そして、一番上の子がのぼってポーズをすると同時に

土台の子たちが一斉に顔をあげました。

Dsc06972




越えて 越えて 越えて 

越えて 越えて 越えて



流した涙はいつしか 一筋の光に変わる 



苦しかった練習を乗り越えて!

やった! 大成功!!





退場の曲は、AIの『ハピネス』




みんなで手をつないでおじぎ。 ダンスをしたり、ウエーブをしたり、 みんなほっとした表情で、楽しげに笑っています

そして退場して行きました。



鳴り止まない、大きな拍手。



キラキラしたこどもたちの姿がまぶしくて・・・。

鼻の奥がツーンとしました。

六年生のこどもたち、みんなが愛おしく思えます。

いろんなことのある世の中だけれど、

そんなことを忘れさせてくれる。心をふるわせられた時間。

こどもたちのパワー。

本当に感動しましたlovely



さて、勝負の行方のほうはというと・・・。



直前まで青組の勝利だったのですが、

なんと黄組が優勝してしまいましたhappy01



つまり、次男の大勝利sign01

もちろん次男は大喜びでしたよ~heart02






長男
にとっては小学校の最後の運動会

残念な結果となってしまいましたが、

この組み立て体操で、思いやりや信頼、達成感など

いろんなことを学んだと思います。

いつまでも輝き続けていて・・・と願いながら終わった 長男最後の運動会だったのでした。

にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村

2012年6月13日 (水)

こどものチャレンジ2

予選に受かったのも束の間。

いよいよ長男コンクールの本選が近づいてきていました。



次は、ちゃんとしたホールでの演奏です。

ホールでのひとりきりでの演奏は、はじめての経験です。



数日前から、長男は少し緊張している様子でした。

「こんどは、ホールで演奏するんだよね?だいじょうぶかなあ・・・」

いまになって、とてつもないプレッシャーがおそってきたようです。




なんとかしてあげたいのですが、舞台にあがるのは、本人。

自分でプレッシャーを克服するしかすべがありません。




それでも、私にもなにか長男にしてやれることなないだろうかsign02と思い、

ふと思い立って、大阪市天王寺区にある四天王寺に行ってきました。




ここは、日本仏教の祖とされる「聖徳太子建立の寺」と言われており、

既存の仏教の諸宗派にはこだわらない全仏教的な立場から、

1946年に和宗総本山として独立しているそうです。




飛鳥寺と並んで 日本最古の寺なんだとか。

教科書で勉強した覚えが全くないのは 私だけなのでしょうかsign02





なのに、なぜか鳥居もあり、不思議な場所です。

多くの外国人観光客が訪れていました。



広大な境内は、ゆったりとした雰囲気で、街中にありながら、

なぜかとても落ち着きます。






四天王寺中心伽藍は、【四天王寺式伽藍配置】といい、

中門、五重塔、金堂、講堂が一直線に並び、

その周りを回廊が囲む日本最古の建築様式です。

 

Dsc05349

中心伽藍は、拝観料 300円です。

伽藍五重塔などが整然と配置されていました。



五重塔

五重塔にしては珍しく、上まで登れるんですが、

高所恐怖症の私は、断念coldsweats01

Dsc05365





















中心伽藍を囲む回廊。美しいですね。


Dsc05376_2

金堂

Dsc05379





Dsc05366
 

Dsc05368_2

石舞台六時堂石舞台重要文化財なんだそうです。

Dsc05358
北鐘堂。この鐘は、極楽まで響くといわれているそうです。

たえず、鐘の音がしていました。

Dsc05360_2   

石の鳥居と中心伽藍の間にある西大門

Dsc05363


転法輪という下のようなものが4つもついていました。

心の迷いを浄化してもらうように願い事をして、右にまわします。

どの転法輪もたえず、くるくるまわっていましたよhappy01

Dsc05381

中門の両脇には金剛力士像がありました。

かっこいいですねlovely

Dvc00020_2



Dvc00021

ここ四天王寺には、亀の池というのがあるんです。

画像ではあんまりうつっていませんが、とにかく亀だらけsweat01なんですよ。

いろんな種類のが甲羅干しをしています。





好き次男の大興奮スポットですhappy01

Dvc00025

庭園は残念ながら、休園していました。

これは、庭園近くのあじさいです。

今が見ごろですね。



 





P1000397



P1000398





P1000400

Dsc05353




四天王寺のなかには、重要文化財である

元三大師堂(がんざんだいしどう)があります。



元三大師とは、慈恵大師良源(りょうげん)のことで、

今から数千年前に実在した平安時代の僧です。

日本の「おみくじ」の創始者としても知られています。

ここは、入試合格祈願・学業成就を願う人が参拝されることで有名です。

合格祈願の絵馬がたくさんつるされています。



さて、今回私が願うのは、入試ではなく、コンクールの件なのですが、

そのようなお願いごとをしてもよいか聞いたところ、

ここで祈祷済みの『合格だるま』を買って、

家に帰ったら目をふたつとも入れて

裏に氏名と願い事を書いて、机の上などに安置しておいてくださいとのこと。



だるまは、倒してもすぐにまっすぐに立ち上がることから、

必ず願いがかなう縁起物として有名です。

だるまさんをそばに置いておくことで、その大きな目で見守ってくださり、

無限の勇気を与えてくださるのだということでした。



さっそく『合格だるま』を購入sign01

元三大師を中央に右に弘法大師左に普賢菩薩が祀られているので、

それぞれの前にいったんだるまさんを置いて、

次のようにお祈りしてきました。




「長男が緊張せず、コンクールで

悔いのない演奏ができますようにconfident 



偶然にも、普賢菩薩さまは、長男の十二支守り本尊です。

これも何かの縁なのでしょうねwink



「願いが叶ったら、まただるまさんを納めにきてくださいね」ということでした。

Dsc05350



家に帰りました。

だるまさんです。はじめは両目がありません。

Dsc05449

長男が両目を入れました。ついでに鼻まで書いています。

なんと罰当たりなっ Σ( ̄ロ ̄lll)






Dsc05456_2 Dsc05455 

驚いたことに、裏には

「賞とれる!」の文字がΣ(・ω・ノ)ノ!

あーあ 書いちゃったーー

書いちゃったーーwobbly







四天王寺からの帰り道に写経用紙が売っていたので、

思わず購入。



書いてみるか?と聞くと、長男は、1時間ぐらいで写経を仕上げました。

うつすだけとはいえ、よく書いたねぇ・・・coldsweats01


Dsc05441_2


長男がコンクールへの願いごとを書いてあったので、

後日また私が四天王寺へ行き、

納経所写経を納めてきました。

Dsc05448

帰りに、おみやげに「亀かすてーら」を買いました。

これ、すっごくおいしいんですよ。

テレビtvでも紹介されていましたhappy01



Dsc05452 Dsc05453





















いよいよ、コンクール当日

直前にまた納豆巻きを買うのもなあ…coldsweats01と思い、

お昼ごはんに納豆を食べさせました。



長男は、「納豆は500回ぐらいまぜるとおいしいんだよ~happy02」などといって、

ひたすら納豆をまぜていました。

母としては、

本番前にいらんことに力をつかわないでほしいよぅ・・・~(°°;)))オロオロ




そして、車の中carでは、また【般若心経】をとなえていました。

今度は8回。「っていう数字が好きhappy02」なんだそうです。

母と同じだねぇconfident

受付までまだ時間があったので、ビルの屋上buildingにあがってみました。

ここには、ちょっとしたがあり、リラックスdashできます。

広々としていたので、長男次男もひたすら走り回っていましたsweat01




演奏前に汗だくになるんじゃ・・・(´Д`;≡;´Д`)アワアワ


Dsc05446


今回は、小学校低学年の部からの審査になるため、

本当に本当に長丁場sweat02です。

小学校高学年の部に出演の長男の出番までには、

2時間以上の待ち時間が∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

出演者の席は、舞台の前の方にあり、

長男はひとりで座って、ひたすら出番を待っている形です。

こちらから長男の姿は見えるのですが、話しかけるわけにもいかず、

演奏の合間にちらちらと様子をうかがうことしかできません。


予選のときもそうでしたが、知らない子たちと座って、

他の子の演奏を聴くことも

かなり緊張するのでは?と思います。



いろんな意味で、長男には勉強になる大会です。



それにしても冷房もきいているし、出番は遅いし、

本当に指がかたまらないか心配ですweep





小学校低学年の部がはじまりました。

何度も出場している子たちが多いのでしょう。


みんな堂々としています。

目立ったミスもなく、本当に大人顔負けの演奏ばかりです。

衣装もキラキラshine

みせる演奏を心得た子たちばかりが出場していました。

エレクトーンは、足鍵盤でベースを弾くのが魅力のひとつ。

上鍵盤、下鍵盤、足鍵盤の3つを同時に弾くことができます。


リズムも入っており、音色もたくさん入れることができるのです。

低学年でも 両足で、小刻みに足鍵盤のベースを踏みながら

両手もよくこんなに動くなあ・・・と感心するほどの素早いタッチで演奏しています。

いままで このコンクールのためだけに

日々の練習を重ねてきた成果なのでしょう。

素晴らしいとしかいいようがないです。

さらに、低学年ほど、ノリノリの演奏を披露sign03

身体が小さいため、大きく身体を使って演奏をすることで、

曲を表現することを知っているのだと思います。

こんな演奏ばかりを目の当たりにすると、

もう低学年の演奏ですら、長男にはとてもかなわないような気がして、

『もしかして場違いなところにきてしまったのではsign02

と母としては ものすごーく心配になり、そーっと、そーっと、

長男のいるほうを見やりました・・・・・。




長男は、あくびをしています・・・・・(lll゚Д゚)



緊張のあまり眠くなったのだろう。きっとそうにちがいない・・・( ̄◆ ̄;)



低学年の演奏がすべて終わって、

高学年の部に行く前に、いったん、休憩に入りました。

長男がこっちへきます。



「トイレtoilet、トイレsign04sign03sign03」と 長男猛ダッシュrunrunrun

頼むから、衣装のシャツを出しっぱなしにしたりしないでね・・・coldsweats01

長男の出番は、後半あたり。

高学年の部がはじまっても、まだまだ出番までには時間がありました。

高学年の演奏は、もう大人としか言いようがなく、

『本当に小学生なのかsign02と疑うほどでした・・・。




どうか自信をなくしませんように・・・

こんなとき、親は無力ですねweep





ほとんどあきらめた気持ちで長男を見やると、

長男はひょっとこのような口をして、


データの入った大事な大事なUSBメモリ

口の上にのせて遊んでいました( Д) ゚ ゚

心配なんて 彼には全く必要ないみたい・・・・・crying

長男の出番がやってきました。

自分で考えたコメントが入ります。

このコメントも、他の子たちは、先生の考えたものみたいに

曲の聴きどころや工夫したところなどを詳しく説明して、

アピールをしていました。

長男のコメントがよまれていきます。

長男は、USBメモリを接続し、落ち着いて演奏の準備をしていました。




♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

ぼくは いままでずっと アンサンブルをして

音楽をグループの仲間と楽しんできました。

今日は はじめてひとりでステージにあがります。

いつものように みんなといっしょに弾いている気持ちで

ぼくの大好きなこの曲を 一生懸命に演奏します。

聴いてください。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪



こどもらしい、精一杯のコメントです。




一生懸命に練習してきたこと。

お母さんが一番知ってるよ・・・。




アナウンスが入ります。

「それでは準備ができましたら、お願いします」

リズムが鳴り、演奏がはじまりました。

前奏部分から、身体を大きく揺らしたり、小刻みに揺らしたりしながら、

演奏をしていました。あいかわらず人が変わったかのようなノリnoteです。



しかし、長男をよくよく見ていると・・・、



Σ( ゜Д゜)ハッ!

長男

目をつぶって演奏しているのです。

ちょいまち、ちょいまってよーー

鍵盤見てない、見てないよぅーーcrying

それでもなぜか たいしたミスタッチもなく、演奏を終えました。

一息ついて、礼をします。



にいぃぃ~

こんな感じの緊張とうれしさのまざった ひきつった笑顔で礼をした長男

会場から思わず笑いがおこりました・・・(;´д`)トホホ…




高学年全員の演奏が終わりました。

「今から審査に入ります」

長男がこちらの席にやってきました。

緊張がとけたのでしょう。こどもらしい いつもの彼です。

「最後らへんに演奏したひとたちがすごすぎて、撃沈したよ~」というので、



「そうかな?それは、聴く人によって評価は違うと思うよ。

お母さんは、〇〇〇も とても素晴らしい演奏をしたと思う」

次男は、「おにいちゃん、すごかったsign01ぜったい賞とるsign03

おにいちゃんは、賞とるぞ~sign01一番上手だったsign01ぜったい賞もらえるsign03

と言っていました(;´▽`A``

なぜか自信満々の次男。

すばらしい応援団ですが、とってもはずかしいーーーcoldsweats01





審査発表がはじまりました。「お名前を呼ばれた方は舞台におあがりください」



まずは奨励賞の発表。

正直言って、長男がとれるとしたら、この辺の賞だと思っていました。

しかし、低学年の子の名前が呼ばれました。

『もう名前を呼ばれることはないだろうな・・・』と残念に思いながら、

拍手をして長男を見やりました。長男も拍手をしています。




次は、銀賞の発表でした。銀賞は2名。

低学年、高学年の子たちがそれぞれ表彰されました。






最後に金賞の発表です。

ここで、金賞をとった子たちが、この地区代表として、

次の大会へすすめます。





低学年
の方から金賞の発表がありました。

だいたいこの子が金賞だろうな・・・とこちらが予想した通りで、

やっぱりあれぐらい弾けなきゃダメなんだろうな・・・とかなしくなりました。






ところが・・・・・、

低学年の部金賞。案外多いのです。

出場者の半分弱ほどが金賞をとって、舞台にあがっていました。


高学年も次々に呼ばれていきます。

「プログラム2番、〇〇〇〇さん、3番・・・」といった感じで、

金賞受賞者の名前が呼ばれていきました。




長男
11番



10番の子が呼ばれました。





番号とばされるんだろうな・・・それもショックだな・・・coldsweats01



ところが・・・・・、


「金賞 小学生高学年部門 プログラム11番 〇〇〇〇さん」

エエーーーーーー Σ(゚□゚(゚□゚*)




長男
もびっくりして、転がらんばかりになって、舞台にあがって行きました・・・。

あとで、聞いたのですが、

『もしかして ぼく 間違って舞台にあがってしまったんじゃsign02』と

気が気じゃなかったそうですcoldsweats01

またしてもなぜだかわからないのですが、

金賞を受賞ーーーsign02∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

次男の言ったとおりになりました。






舞台上では、表彰状が渡されました。

長男はうれしくて、ニヤニヤヽ(*≧ε≦*)φしています。


たぶん他のみんなは、表彰状を受け取るのも慣れっこなのでしょう。

こどもとはいえ、落ち着いたものです。

うちの子だけ、落ち着きがなく、うかれている様子。

見ていて、とっても恥ずかしいですcoldsweats01

表彰状をもらってからも、表彰状で隠した口元がゆるんで

しょうがないみたいでした(笑)

あとで、先生が

「〇〇〇くんの音楽センスと表現力が評価されたのでしょう。

あのコメントも とてもよかったと思います。審査員をひきつけていました。

でも、先生、まだまだ言いたいことがいっぱいあるよ。次のレッスンでね」

と話していました。

こどもはこどもらしいコメントで よかったんですねconfident



うかれていた長男。ニコニコで帰るのかと思いきや、

今まで我慢していたのでしょう。

帰りの車の中で、

金賞をもらったのははじめて。うれしくて涙がでてくるーーー。

うわーーんーーーーcryingcryingcrying

と号泣していました。

「あのだるまさん、すごいねsign01ママ、ありがとねsign03」としばらく泣いていました。


いやいや、きみが精一杯がんばったからだよ。

うれし涙、はじめて見たよ(*^-^)





講評にありましたが「エレクトーンを楽しんで弾く」ことが重要だったようで、

目をつぶって、楽しみながら弾いた長男の演奏は

他の子のような華美な音色もなく、工夫もなく、技術もなく、

ただただシンプルで目立たなかったけれども、

表現力のほうで、それなりに評価をされていたみたいです。




音楽を続けることに関しては悩んだことも多かったのですが、

ここまでがんばってきて本当によかったと思えた1日でした。

長男には、次のチャレンジが待っています。



さっそくあのだるまさん四天王寺へ納めにいって、

また新しいだるまさんを買ってきた私だったのでした。

長い長い記事におつきあいくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村

















2012年5月29日 (火)

こどものチャレンジ

長男のエレクトーンのコンクール予選が終わりました。

普段は、アンサンブル部門で参加している長男



それも今までは、グループの人が「出たい」というので、

なんとなく仲間に入れてもらって出場sign01という感じで、

どことなく音楽にも欲がないところがありました。


そういう感じなので、個人でコンクールをするほどまでの高い志もなく、

この年になるまで、音楽を続けてきました。


私がいつまで音楽を続けさせるべきか?と悩んでいるのも、

グループでいる以上、ただ「楽しくやりたい」だけでは、

ダメなのではないかsign02 と内心思っていたからです。



それに親が全くの素人なので、長男には音楽的には

なんのサポートもできない環境であるという点も

申し訳ない・・・と思っていたからです。



そんなことを思っていたころ、

先生に「いい経験になるから」と

個人のコンクールへの参加をすすめられました。



基礎的なことをすっとばして、ずっとアンサンブルでやってきた長男



実力の面では、低学年の頃から毎年コンクールに出てきた子に比べたら、

足元にも及ばないでしょう。

それに高学年です。

みんな大人顔負けの難しい曲にチャレンジしてきます。


そんなことも考えると、正直言って、審査員の厳しい目の中に

長男をさらすのは、私としては気がすすまず、

せっかく発表会も終わって、ゆっくりできるのに、少しゆっくりしたら?と

思っていました・・・coldsweats01


でも本人は迷わず「やってみるhappy01と言いました。

練習をしはじめたのも遅く、4月の半ばからのスタート。

スタートから、大幅に出遅れています。


全国大会クラスに出る子は、半年以上前から何時間も練習して

曲を仕上げてきます。




予選
がゴールではなく、本選を目標にしている子たちとは、

レベルの違いは、ここでも明らか。


でも結果がどう転んでも、ひとりで演奏をするのは、はじめての経験。

今まで自分ひとりのためにコンクールで曲を演奏したことなんてない長男

いい勉強になるだろう・・・。




はたして、ひとりでどれほどの演奏を見せてくれるのか

私も楽しみにしよう・・・と気持ちを切り替えることにしました。




コンクール予選当日は、15時半前の集合でした。




長男
は、車中car

実家からもらってきた【般若心経の紙を取り出しました。

そして、深く息を吸い込むと、




「摩訶般若波羅蜜多心経 (まかはんにゃはらみったしんぎょう)~」

ととなえはじめました∑(゚∇゚|||)



うちは無宗教で、お経をとなえるのも実家に帰って、

仏壇の前に座った時ぐらいです。

心底びっくりしました∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


でもきっと、自分なりに緊張をほぐす方法を考えたのでしょうね。



そのあと、長男は、


「あのねーーー。ずっとずっと遠い先の話なんだけど~。

本当に先の話で~、未来のことで~」と言いづらそうにしています。



「何?」



「本当に本当にぃ・・・先のことなんだけど~。

お父さんお母さんがーー、



この世にいなくなったとき
には、

ぼく、毎日このお経となえるからね~happy02




「そ、それは・・・どうもありがとう・・・・( ̄◆ ̄;)」




縁起でもないような ありがたいような 長男の決心なのでした。




そのあとも、「いっぱいお昼ごはんを食べたのにおなかがすいた」という長男

仕方がないので、「おにぎりriceballでも買って食べようか」と

コンビニ24hoursに寄りました。



彼がそこでセレクトしたのは、なんと【納豆巻き】




納豆
・・・・・・・。演奏前に汚れるんじゃ・・・・・(@Д@;



あと、「ホットケーキも食べる」といって、

2つともすごい勢いでバクバク食べていました。



案の定、顔も指も納豆が糸をひいています・・・(;´д`)トホホ…



予選会場につきました。



待合室も座るところがないぐらいいっぱいで、

私たちは時間まで、廊下で立って待っていることにしました。





長男
は、時間つぶしに買ってあげた『ドラえもん』の漫画を

むさぼり読んでいます。


私は気になって会場を見回してみましたが、

コンクールに出る子たちは、みんなきれいな衣装をみにまとったり、

イメージトレーニングでもしてるのか 目を閉じて指を動かしたりしています。





長男
漫画を読んでいます・・・・・( ̄▽ ̄)




しかも運の悪いことに、

長男は最後から2番目に弾くことになってしまいました。




それだけでも



 despair上手な子を目の当たりにして自信をなくさないか

 sadどんどん緊張が高まるのではないか

 wobbly長く指を動かしてないことで、

  本番早いテンポのところで、指が動かずしくじるのではないか・・・

など、私はすごく心配です・・・。




でもひょっとしたら、こう見えて長男のほうが、

もっともっと緊張しているのかもしれないですね・・・coldsweats01




「なるようになる」
この一心で、

彼を応援しようと思いました。





コンクール予選
がはじまりました。

司会の方、1名。



審査員の方は、2名。

演奏を聴きながらずっと、エンピツをはしらせています。

採点しているのでしょう。


こんな様子も、私としては、とってもとっても気になるのです。



狭い教室での予選でした。



保護者の方もたくさん座っています。

そんななか、演奏者は、目と鼻の先で演奏をするのです。


私など、そんな状態を見ただけでもクラクラ(@Д@;





高学年にもなると、演奏曲もびっくりするような題名がついているんですよ。


「死の舞踏」


「悪魔の踊り」

音楽では、こういった面を表現することも大切なことなのでしょうね。



能天気な長男には、とてもじゃないけど弾きこなせない感じです( ̄▽ ̄)





途中、今まで、アンサンブルで一緒に組んできた仲間の子たちも

何名か演奏しました。



そういうときは、私も少しだけ緊張から解放されて、

「おお~、すごいnote」「うーん、ちょっとミスっちゃったなcoldsweats01」など思いながら、

楽しく聞くことができました。

きっと後ろで待っている長男も同じ気持ちだったと思います。




さて、長男の番号と名前が呼ばれました。



彼は意外にも落ち着いて歩いて行き、演奏の準備をはじめました。

「チッチッチッチッnote」リズムが鳴ります。



長男
の身体が踊りだします。スムーズに演奏がはじまりました。

彼は、とにかく演奏するときだけは、コロッと感じが変わるんです。


いつもはボヤ~んとして、

下手したら口があいてますよ?状態の彼なのですが、

演奏がはじまったとたんに、



「いったい、どちらさまですか∑(゚∇゚|||)」と言いたくなるほど

ノリノリnotenotenoteに変身。




そのときも、鍵盤に顔がつくんではないかというような頭のふりをしながら、

身体はリズムを刻んで、身体全体で曲を弾いているという感じでした。


少しミスったところもあり、そこでくずれてしまうかな?と思ったのですが、

なんとかうまく立て直し、ラストまでは弾ききってくれました。




ほーーーーーーーっι(´Д`υ)





ミスった時点で、「あ、これはもうダメだなあ・・・」と思いましたが、

はじめての挑戦。緊張もしたでしょう。

失敗も経験のうち。終わったことは仕方がないです。



長男
は自分でもミスったのがショック(lll゚Д゚)だったのでしょう。

演奏が終わってから、一礼をし、

うれしいようなかなしいような なんともいえない苦笑いをして、

その場を離れました。




長男
のあとに演奏した子は、

彼が「身震いするほど上手だった」と感心するほど

聴かせる演奏をしていました。



彼女は何度も全国大会に出場しているとのこと。

彼がそういう演奏を聴けただけでも いい刺激になって、

『ここまできてよかったなあ』と思いました(o^-^o)

ここで、すべての演奏が終わりました。




私は長男のところへ行き、「よくがんばったね」と頭をなでました。



長男
は「間違っちゃったwobbly」と言っていました。



次男
は、その横でずっと

「おにいちゃん、じょうずだったsign01いちばんかっこよかったsign03すごかったsign03sign01

長男に抱きつきながら、言っていました(*^-^)



だんなさんはニコニコしていました。





あとで、先生のところへお礼をしに行くと、

先生の第一声は「本当に気持ちよさそうに弾いていたね」


・・・そうなのです。

本当に気持ちよさそうだったのです。




基礎的なこともなっていない、技術力も何もない長男なのですが、

「気持ちよく弾くこと」だけは、今回誰にも負けてなかったかも。

まさに「酔いしれている」状態coldsweats01



先生は、

「もう~、細かいところ、何もかも忘れてsign01真っ白になって弾いてたでしょsign01

そういうところを次にいかして、なおしていかないと・・・。

でも、ひとりで弾くのはいい経験になったね」と笑っていました。




そして、長男の演奏のときは、「会場の空気が一瞬変わったねwink

と言ってくださいました。







ああ、終わったあ・・・dash








帰るころには、こんなにきれいな夕焼けを見ることができました。

Dsc05340




そして昨日、長男が学校schoolから帰ってきました。



いつもなら、ここで私は「おかえりhappy01と声をかけるのに、

「おめでとうheart02




長男
は、へっ?(゚0゚)という顔・・・。




私はハグしながら、

「予選、合格したよーーーhappy01

自分でも絶対に次へはいけないだろう・・・とあきらめていた長男・・・。

なので、私が「おめでとう」と声をかけたときは、





『100点のテストでも、奇跡的にどこかから見つかったのかな?
』と

思ったんだとか(笑)




予選はなぜだかよくわからないですが、通過したようです。




それでも、次は本選。もうミスは許されないでしょう。

全国をねらっている子たちばかりが出場します。



音楽品評会のようなところからも何人も審査員がくるということでした。




手さぐりでつかんだチャンス。

はじめてのチャレンジup

届かなくても、少しでも悔いの残らないように・・・と願います。


予選を通過できなかった子たちのためにも、

長男には、心をこめて音楽を弾いてほしいなと思いました。




そんな喜びがあったあとも、長男はのんきなもので、

0.1%の希望しかなかったのに~happy02といいながら、

アイスをおいしそうに食べているのでした。





最近、ほんとによく食べるようになったなあ・・・。

Dsc05334_3



Dsc05335_2

にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村

2012年5月13日 (日)

母の日のプレゼント

今日は、母の日



次男
プレゼントshinepresentshineをくれました。



どれどれ?( ´_ゝ`)

Dsc05202


「これ、なあに?」



ねずみ!○○○のおきにいりsign01

おにいちゃんが いしにをかいてくれたのーーーhappy02



ねずみかー。

かわいいねーheart02 ありがとうーーhappy01


そして、私が石をポケットにしまおうとすると、


次男

が「ママ、このいし、どうしてもほしい?ほしいの?

と言いました。



「えっΣ(゚д゚;)?

だって、○○○がプレゼントpresentしてくれるっていったんでしょ?」




次男
ねずみ石をジイィーっeyeと見つめています・・・。



「これ、○○○のringたからものcrownなんやけどなー。

たいせつにしてるんやけどなーcatface



ええっ? 自分から人にあげるって言っといて・・・・・( ゚д゚)ポカーン


「えっ、そうなの? ○○○のたからものなら返すよ~。」


「うん、ありがとhappy01




なんだかうれしいような うれしくないような

次男プレゼントpresentだったのでした・・・。





長男
のほうは、手紙を書いてくれました。

毎度のことながら、人にあげるものなのにメモ帳をちぎったり・・・coldsweats01

Dsc05203



バブちゃんたちが「いつもありがとう」とお礼を言ってくれています(笑)



そして、あのミジンコ整骨院で、肩もみをするから、

「いつでもそうだんしてね」と書いてあります。

ありがたいです。

さっそく相談することにしましょう(o^-^o)




中にはなぜか1円玉5円玉が入っていました。

Dsc05205_2

お賽銭?∑ヾ( ̄0 ̄;ノ






手紙は裏にも書かれていました。

でも、この手紙に書かれていた言葉には、ちょっとうるうるweep

Dsc05206





お母さんがいたから、いまぼくらは、生きてる
sign01



どんなほめ言葉よりも、うれしかったです。

にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村

2012年4月 8日 (日)

次男の入学式

4月6日は、次男cherryblossom入学式cherryblossomでした。

てるてる坊主の効果があったのか、朝から天気は晴れsun

ありがたいことですhappy01

Dsc04279



入学式cherryblossom
へは、だんなさんは仕事で出席できません。

というわけで、次男に早めにスーツを着せ、

近くの神社で、だんなさんに写真をとってもらいました。


道行く人 みんなが私たちを見て、微笑んでくれます。

きっと今日が入学式なんだな・・・とわかるのでしょうねwink





小学校school
は近いので、徒歩で行くことにしました。




次男
が「にゅうがくしきにはきてねsign01やくそくhappy01

と念を押しているので、長男も一緒についてきてくれました。

配布物も多いため、長男がきてくれると助かります。




次男
は、長男小学校schoolへ行くことをとても楽しみheart02にしています。



長男
次男小学校schoolへ行くことは、本当に楽しみなのです・・・。

ですが、普段から落ち着きのない次男のことsign01

彼の突拍子もない行動をはたして自分がなんとかできるのかsign02

今からとても不安なようです(笑)


それに、4月からは、次男のお友達の2人も

「一緒に連れて行ってほしい」と頼まれているため、

長男は、小学1年生の男の子3人の登校を見守ることにsign03


毎朝なんともスリリングな状態になりそうで、

私も長男以上に不安ですcoldsweats01

でも 子どもを信じてあげなければ・・・confident





小学校school
の門へ着くと、門の前で写真撮影をする人たちが並んでいました。

私たちもそれにならって、写真を撮り、受付に行きました。




次男
は、1年3組sign01

長男のときと同じ3組でした。

同じ幼稚園出身で、一緒に通学する男の子たちも2人とも同じクラスですheart02






長男
の3年生のときの先生が、受付をしてくれました。

「おめでとうございます。もしかして○○くんの弟sign02 

うわぁ~、ソックリだねぇ~。」



次男
はとってもうれしそうですhappy02

私:「ありがとうございます。よろしくお願いしますhappy01

ここで、いったん、次男は上靴にはきかえ、

新6年生の案内役の女の子と手をつないで

教室へと連れて行ってもらいました。


ずっと私たちと一緒にいると思っていた次男なので、

離れるのを不安そうにするかと思っていましたが、

驚いたことに、こちらを振り向かず、さっさと歩いて行きました。

さすが、かっこつけsign01です。内心は違うんでしょうけどね。

こういうときは、この性質がありがたいです(笑)





いよいよ、cherryblossom入学式cherryblossomがはじまりました。

式は体育館で行われます。

Dsc04237

新入生が入場してきます。

今年の新入生は、89名

3クラスだそうです。


長男
のときよりも1クラス減りました。

年々子どもの数は少なくなっていますねcoldsweats01




次男
は、こちらをちらっと確認しましたが、横の子と手をつないで、

とにかくかっこつけて歩いて行きましたhappy01



開式の言葉
があり、全員起立で、国歌斉唱

『君が代』を歌う大人たちに ぽかーんとした1年生たちが印象的でした(笑)

続いて、学校長式辞

校長先生は、子どもたちに、3つのタネプレゼントpresentすると話していました。

やる気のタネ

元気のタネ

勇気のタネ

なんだそうです。


子どもたちは、いいプレゼントpresentをもらいましたね。



でも校長先生が そういういいお話をされている間にも、

新1年生の子たちは、みんな足をぶらーんぶらーんしてたり、

立っちゃったり、とにかくみんな落ち着きがないんですよ~。





来賓祝辞
は、PTAの会長さんでした。

会長:「みんな朝起きたら、なんていうのかなー?」

なんて子どもたちに質問していきます。


わかった子どもたちは、右手をあげて、

子どもたち:はーーいsign01」「はーーーーいsign03

会長:「もう朝がきたんかsign01っていうのかなー?」


子どもたちは「ちがう、ちがうーー」

会長:「じゃ、なんていうの?そう、おはようございますだよね。正解sign03

など、あいさつの言葉は学校生活において大切であることを伝え、

会長:「じゃあ、最後にアンパンマンのパンチはなんていうのー?」

と聞いていました(笑)


子どもたちはさらにヒートアップupup

子どもたち:はい、はーーいsign01

「はーーい、アンパンチーsign01

会長:「えっ、なに?チンパンジー?


子どもたち:「ちがう、ちがーーうangry、アンパンチッsign03

会長:「えっ、暗記パン?


子どもたち:アンパンチッimpact

会長:「なんだ、アンパンチかあ。

おっちゃん、アンパンキックかと思ってたよ。

教えてくれてありがとう~。さすが、一年生やね~wink


などなど、とてもユーモラスな祝辞で、子どもたちを飽きさせませんでした。



さすが、大阪人sign01




来賓紹介
の折には、

来賓のみなさまが「おめでとう」と言ってくださるのですが、

新一年生みんなも

そのたびに「ありがとう~happy01と大声でお礼を言っていました。


これから先も子どもたちに、こういう当たり前のことを、

ずっとずっと当たり前にしていってほしいと願います(*^-^)




祝電
が披露され、担任教室が発表されました。



次男
の担任の先生は、他のクラスの担任よりもやや年上で、

ベテランに見えました。



新2年生
が児童を代表して、お祝いの言葉を歌ってくれます。



小学校school
へきたら、遠足や給食など楽しいこといっぱいあるよ。

わからないことがあったら、聞いていいんだよ・・・というような言葉を

しっかりした声で伝えてくれました。


このあと、閉式の言葉があり、cherryblossom入学式cherryblossomが終わりました。





教室
へ行き、先生がクラスの子の名前をよんでいきます。

ここでハプニングimpact


先生が一人の生徒の名前を とばしてしまったのです。

パパさんらしき人が 少しキレ気味で、

「ひとり抜かしてますけどangry

といっていました。

先生、真っ青wobbly 



そして配布物などを確認し、体育館へまた戻りました。

記念撮影をするとのこと。

この写真やさんのおじさんの掛け声が妙に印象的でした。

なぜかシャッターを押すとき、大声で、

「ウオッチャーsign03というのです。

「はい、チーズsign01」と言われなれているせいか

おかしすぎて、みんな笑ってしまいます。

さぞかしいい写真が撮れたことでしょうup


こんな感じの次男cherryblossom入学式cherryblossomでした。



家に帰ると、次男が私に言いました。

「ママ、うれしい?

○○○が、ピカピカshineのいちねんせいになってhappy01

「うん、うれしいよ~happy02 おめでとう~~」

そういうと、喜んで飛びついてくる次男は、

まだまだ私にとっては幼くて・・・・・。


こんな次男1年生になるなんて、

なんだかまだ信じられない気もするのですが、

毎朝、長男と一緒に登校する後ろ姿を見れる日が

すぐそこまで近づいてきているのですねhappy01


それから、次男は、よっぽどうれしかったhappy02のでしょう。

もうランドセルがボロボロになるのではsweat01と思うほど、

背中に背負ったり、ランドセルを開けたり、閉じたりしていました。


これからの小学校生活

次男は、どんな先生、

どんなお友達と出会うのかな?




うれしいね、いちねんせい。

にゅうがく、ほんとうにおめでとうheart02


お昼にうちの母が、紅白まんじゅうお赤飯を持ってきてくれました。

Dsc04266

Dsc04267


そして、夜には、例の私の友達が、またまた入学祝いにと

和菓子を持ってきてくれました。


もう おわかりになりますよねwink

Dsc04276



いちご大福 黒あん5個 白あん5個

またもや三色だんご 40本sign03



毎度毎度 どうもありがとうございますcoldsweats01

にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村

2012年3月18日 (日)

卒園おめでとう

いろいろとしなければならないことがたまっているとき。

私はいつも重要なことほど後回しにしてしまう傾向があります。

とりあえず目先のこと。

そして重要なことに手をつけるのは、ギリギリ締め切り前sign03

早く手をつければ後が楽。なのになのにsign01

そんなことは百も承知で、いつも同じことの繰り返し。

いいかげん学習したらいいのに・・・とそんな自分にため息dashがでます。

この日も手をつけなければいけないことから逃げ、

次男と近所の池へ。

カモさんにエサをやりに行きました。

Dsc03637

まだコガモは連れていません。


こうしてみるとかわいい鳥なのですが、次男がエサをやると・・・。

おそらくオスであろうと思われるカモたち数匹が、

自分のなわばりに立ち入らせたくないのでしょう。

絶対にエサを食わせないsign01という感じで、

素早く攻撃impactしに行きます。


仲良くエサをついばむ姿はあんまり見られません。

我先にsign01です。

今日は、たくさんパンbreadをもってきてあげたのに、

そんなことしなくていいのに。


カモってかわいいけど、案外凶暴なんやなあ・・・」と思わずつぶやくと、


そばを散歩していたおじさんが足をとめて、一緒にカモを見やりました。

「ほんまやなあ・・・。いちおうあいつらにも『わり』があるから、

他のカモを攻撃しに行きよるんやな・・・。

ほんまにカモのわり意識というものは・・・

コガモはもう少ししたら、見れるわな。わりが・・・わりで・・・」


おじさんがカモのことについて、

とーってもためになることを私に話してくれているのに、

最後のほうは、わり・・・

ただその言葉だけが気になって気になって( ̄◆ ̄;)

ちーっともその知識は頭に入りませんでした。


おじさんがただの言い間違いで言ってる様子ではないのが、

ちょっと気がかりsweat02です。


でも見知らぬおじさん。

私の気持ちを浮上upさせてくれて、本当にありがとうnote

Dsc03638

そうそう、カモだけでなく、スズメさんもチュンチュンnoteやってきましたよhappy01


なんだか元気がでたので、

明日こそは絶対に手をつけよう~と思って

家に帰りました←まだやらない(;´▽`A``



いよいよ3月15日。締め切りの日がやってきました。

実は次男の幼稚園で、タイムカプセルを作るのだそうです。


今の子どもたちが20歳になったころに、

幼稚園のことを思い出し、タイムカプセルを開けたいと。

それまでは園で保管しますとのことでした。


子どもたちはすでに園の方で、

大人になった将来の自分への手紙を書いたそうです。


私が今回ずっとずっと悩んでいたのは、

保護者からの将来の子どもへのメッセージです。


1枚の小さい画用紙が配られました。

レイアウトも何もかも自由です。



20歳
次男への手紙?

いったいなにを書いたら・・・?

ずっとずっと考えて、ずっとずっと苦しんでいました。


だんなさんは文章を書くのが大の苦手です。

考えてる途中で、毎晩寝てしまう始末・・・(○`ε´○)


私は一応毎晩悩んではいたのですが、

くだらないことはいくらでも浮かぶのに、

こんな大事なことはすらすら書けない。

自分が情けない・・・(。>0<。)


そしてその日に思い出したこと。

15日は確定申告締切日だったんですねぇ。

次男インフルエンザ騒動で、すーっかり忘れていたのです。


あわてて、パソコンで入力し、印刷。

源泉徴収票を貼りつけて、

速達で郵便局で出してきました。←この時点で締め切りは過ぎてます(笑)


買い物をしていたら、ママ友たちに会い、しばし談笑。

ここで、時間がまた過ぎてしまいました∑(゚∇゚|||)



家に帰って、いざとりかからんsign01とすると、

前に登録していた試験監督のお仕事の会社から、

個人情報の理解度テスト提出は今日までです」メールがsign03

ぎゃーsweat01

これも忘れてたーー∑(゚∇゚|||)


あわてて、こちらもテストをして、会社に送信します。


なんやかんやで、締め切りまで残り1時間半wobbly

頭が真っ白になる思いでしたが、なんとかメッセージが完成しました。


全部手書き。失敗できないので、緊張しましたcoldsweats01

そしてよく見ると、失敗しています。明日にでも園へ行って修正せねば(笑)

Dsc03636

20歳になって、このメッセージを見た次男は、

そのときどんなことを思うんだろう?

なんだか恥ずかしくなってきました(/ω\)。

書きなおしたいけど、もう時間がナイwobbly 仕方がナイsweat01


さて17日。いよいよ次男卒園の日です。

朝から、お赤飯を炊きました。

Dsc03635


あいにくの雨rainでしたが、園内の遊戯室にて、

幼稚園と保育園の卒園式がとりおこなわれました。

Dsc03634

Dsc03633

園児が担任の先生と一緒に入場してきます。

胸にコサージュをつけてもらった園児たち。

みんなしっかりと前を向いて、歩いていきます。


開式のことばや園長祝辞、来賓あいさつ、祝電披露など、

スムーズに式がすすんでいきました。


いよいよ保育証書授与です。

次男は出席番号3番。次男の名前が呼ばれました。



「○○○○○くん」

「はい」

ゆっくりと歩いて、角にきてくるっと前を向き、壇上に上がります。

「卒園証書。○○○○○くん。おめでとうございます」

証書が渡されます。

「ありがとうございます」



次男
は、まず右手、そして左手を出して、証書を受け取り、

一歩後ろに下がりながら、証書を左わきにかかえます。

ここで、一礼。


そしてくるっと、まわれ右。

ここで、深呼吸。

「おおきくなったら、

とらんぽりんせんしゅになりたいですhappy01

迷いのない、大きな声。


涙が出ましたweep


長男

のときは、証書をもらったあと、

そんな言葉を言ったりはしなかったので、びっくりしました。

ちなみに長男の幼稚園のときの夢は「おふろやさん」・・・(;´▽`A``


他の園児たちは「おおきくなったらなにになりたいか」というと、

なんと1番人気は

「びょういんのせんせい」「べんごし」

「パイロット」でした。←親の願望か?

2番目あたりでやっと「ケーキやさんcake


なかでも、『これは子どもらしくていいな~』と思ったのは、

すいーとぷりきゅあになりたいですhappy01

うるとらまんになりたいですhappy01

あいどるになりたいですhappy01

とってもかわいらしい夢heart01です。


園児1名が体調不良のため、

卒業証書授与に遅れてやってきたのですが、

その子はなんと「すぱいだーまんになりたいですhappy01と言っていましたwink



その後、卒園の言葉と歌に・・・。

インフルエンザのため練習時間が足らず、

先生に言葉を言ってもらって復唱する子もいましたが、

それでもみんなしっかりと大きな声を出していました。


心配していた最後の次男の言葉も、本番では別人かと思うほど

力強く聞こえました。


職員の方から贈る歌。


この後、私たち保護者はheartサプライズheart

幼稚園と保育園の主任に花束贈呈を準備していました。


その幼稚園代表の方の花束贈呈役はなんと私sign01です。


壇上にあがり、花束を贈呈しました。


主任の先生は「まさかこんなことをしてくださるなんて思わなくて」と

号泣されていました(*^-^)



長男
の時にもお世話になった主任の先生です。

私はそんな先生に一言、二言お礼の言葉を言わせてもらいました。


式が全部終わった後、私はその先生に呼び止められ、

「私頭が真っ白になってしまって、

あのとき何を言ってくださったか覚えていないのですが、

いったい何を言ってくださってたんですか?」と聞かれたときは、

かなーりびっくりsign01しましたが・・・(笑)


閉会の言葉があり、卒園生が退場しました。


教室に帰り、今度は先生とのお別れです。


例の先生へのアルバムをプレゼントしたあと、

園児ひとりひとりから

先生にカーネーションの小さい花束を

プレゼントpresentさせてもらいました。BGMは熊木杏里さんの「誕生日」note



ひとりひとりが花を渡しに行くたびに

先生にぎゅうぅぅっとしてもらって、園児たちはとてもうれしそうでした。



最後にひとつひとつの花を束ねて、ひとつの大きな花束にし、

先生にプレゼントheart01

先生も保護者の方たちもみんな泣いていました。


4月からは1年生の次男

そう考えると感慨深いものがあります。



まいにち通った幼稚園。

近くの神社があなたに季節を教えてくれました。



春には桜の花びらを 夏にはセミの抜け殻を

秋には小さなどんぐりを 冬には枯れ木や枯れ葉を



その小さな手に集めては、

本当に楽しそうな顔をして、私に微笑みかけてくれたよね。


それだけで、いつもとても幸せな気持ちになれました。

園までのこの道のりを ふたりで手をつないで歩いたよね。

おどけたり つまずいたり

わらったり あくびしたりしながら

たくさん話したね たくさん歌ったね


卒園おめでとう。


小学生になったあなたが 

その手になにをつかんでくるのかを

わたしたちはとても楽しみにしています



家に帰って、ささやかなお祝いをしていたら、


ピンポーンnote

チャイムが鳴りました。

私の友達が次男の卒園のお祝いをもってきてくれたのです(o^-^o)


それがまたもや、

Dsc03632

三色だんご40sign03 生もち15sign03

前回より、かなりパワーアップup


とてもうれしいけれど、

三色だんご、多すぎるよぅ・・・wobbly

にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村

2012年2月24日 (金)

次男の生活発表会

次男は男兄弟ということもあり、

衣服などはおさがりが主流です。


なので、次男は何かを自分のために買ってもらうと、

ものすごく喜びます。


この前も手袋を買ってあげたのですが、

これが彼の大のお気に入りheart01

Dsc03099


気に入りすぎて、食事中寝るときまで 手袋をはめているときもあります。

すでにおさがりであるかのように 毛玉だらけです。



次男
は、この手袋をつけると、

なぜか自分が仮面ライダーにでもなったような気がするらしく、

やたらかっこつけのポーズをするので、

私はいつも

「ほら、かっこつけの手袋、忘れてるよ」

などと、この手袋のことをちゃかしますhappy01


すると、次男は、私の言い方がすごく気に触るらしく、

次男:「かっこつけのてぶくろ ちゃうsign01

 これは、かっこいいてぶくろsign03

私:「( ´,_ゝ`)ハイハイ、かっこつけの手袋どうぞ(笑)」


次男
:「ちゃうの~。これは、おきにいりのてぶくろsign03angry

とってもおもしろいので、何度か繰り返してしまういやな母親ですnote




ところで、男の子特有なのかどうかはわかりませんが、

うちの兄弟はやたら、ブロックなどでものを作り、

それをあちらこちらに飾ります。

Dsc02826


Dsc03100


私が「一度こわして、もう一度作ったら、もっとすばらしいshineのができるんちゃう?

 やってみたら?」

と言うと、二人は 猛反対sign03


彼らにとっては、ひとつの芸術作品なのです。

でも、悲劇は突然にやってきます。



ガッシャーーーーン
impactimpactimpact



私は拭き掃除をするときに、

できるだけ慎重におもちゃをどかすのですが、

ブロックなどは、ボンドではりついてるわけではなく、

元から接合部分がもろいのです。

そりゃ、こわれるでしょsign02 そんなもん、こわれますって(;´▽`A``

 

こんなときは、ドキドキheart03しながら、子どもの帰りを待つのですが、

できるならしらばっくれておきたい。


私のせいじゃないことにしたい
・・・。

でも作品をこわすのは、私しかいないのです・・・crying


責められるのはイヤsign01 とにかく元に戻す努力をします。

元の形もぜんぜんわからないけど、

なんとか元通りになっただろう・・・・・これはインペイしておこうwobbly





長男
が帰ってきました。

「アイ ラブ プリティ マザーheart04

どうやら英語の授業があったようですnote

バッド マザーだなんて知りもせずに・・・・・。



私: 「おかえり~。手洗い、うがいしといでよ」(←なるべく平静を装って)


長男
はランドセルを置いて、手洗い・うがいをしに行きます。

そして、ふと おもちゃのところに目eyeをとめ、


長男:「あーーーーーーーーーーーdowndowndown

私:「えっ?どうしたの?なにか問題でもsign02」 (ドキドキbearing)



長男
:「ママーーー。こわしたなあannoy

私:「えっ、知らないよぅ~。きっとコビトさんでもきたんだねぇ。

 いたずら好きのコビトさんheart02


長男
:「ママでしょ(`ε´)」

私:「・・・・・ゴ・メ・ン・ねsign03 (←※幼稚園児風に抑揚なしで)

 だって、掃除するときにこわれたんだもん。

 わざとじゃないもん。できるだけ元通りにしたんだよweep

(なんかこっちのほうが子どもみたいなことになっています)



長男
:「あ~あ、もう二度とできへんのにcatface

私:「いやいや。そんなことおっしゃいますなsign01

 きっと もっとすばらしいのが 近日中に完成するご予定でしょ?

 わたしゃあ、いつまでもお待ちしてますから~happy01

(←できるなら、もう作らないでほしいという念をこめて)


長男
:「どうせまたこわすんでしょ」

私:「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

続いて、幼稚園の延長保育に入れてた次男を迎えに行きます。(ドキドキheart03)




次男
は帰ってきたとたん、


次男:「あーーーーーーーーーーーdowndowndown

こんなときは、次男のほうが目ざといのです。



次男
:「なんでこわれたん?shineりきさくshineやったのに」

・・・コビトさんはさすがにもうつかえません。


私:「さあ?強風typhoonが吹いて、勝手におちたんかな~?」


次男
:「ママでしょ(*`ε´*)ノ」

私:「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はい、すみません(;´д`)トホホ…」


二人とも、この後、黙々と次の作品作りにとりかかっておりました。





まあ、そんなことはさておき、本題に。

先週の土曜日。次男生活発表会がありました。

この発表会は、各クラスに分かれて、合奏を発表します。

次男のクラスの劇は『ピノキオ』でした。

次男の役はピノキオ

当然主役なのですが、実はこの役が7人もsign01います。

劇中では、7人のピノキオが各シーンに応じて交代するのです。

しかも次男は、ピノキオ子どもの役の二役をするということでした。



前日の夜、次男は、こんなものを私に配ってきました。

Dsc03101_2

劇のチケットのつもりでしょう。

なぜか差出人が『おやかた』になっています。

私は次男の役が本当にピノキオなのかちょっと心配にsign02なってきました。





さていよいよ当日です。おごそかに劇が始まります。

次男ははじめのピノキオ役で、

まだあやつり人形のときのピノキオなんだそうです。

それで、くたっとなっています。

Dsc02850_4


次男
は後ろにいるゼペットじいさんにあやつられています。

「ては うごくかな?」「あしは うごくかな?」「あたまは うごくかな?」

そのセリフのたびに、まるで本当のあやつり人形であるかのように、

ぴょこんぴょこんと手足をあげる次男に、

会場からはあたたかい笑い声が。




ゼペットじいさん
は夜空の星に祈ります。

ピノキオがほんとうのにんげんになれたらいいなあ。

 ・・・・・・・・・・・・さあ、ねるとするか」

ゼペットじいさん 一旦 ここで、退場runrunrun




次男
は顔をあげてはいますが、人形なので、微動だにしません。



すると、ゼペットじいさん祈りが通じたのか、

ピノキオのもとへ、ブルーフェアリーがやってきます。

そして、ピノキオに魔法をかけ、命を授けます。


ピノキオ
の身体は動けるようにsign03



次男
はジャンプしながら、

「やったあsign01 やったあsign01 ぼくはにんげんになれたんだsign03

遊戯室の端の方まで届くような大声です。

次男、よくがんばりましたhappy01



ブルーフェアリー
:「まだよ。ピノキオ


次男
:「どうしたらいいの?」


ブルーフェアリー

ゆうかんで おもいやりのこころをもてたとき

 ほんとうのにんげんになれるのよ」

ブルーフェアリー ここで、退場runrunrun


ここで、ゼペットじいさん声を聞きつけて 再入場sign01

ピノキオが動いているのを見て驚き、大喜びします。


ゼペットじいさん
:「うれしいよ、ピノキオsign01きょうから わしのむすこじゃsign03

 いいこになるんだよhappy01


次男
:「うん、ぼく いいこになるよ」


ゼペットじいさん
:「さあ、もうおそいから、いっしょにねよう」


次男、
ゼペットじいさん 退場runrunrun

ここで、次男ピノキオは終わりでした。

セリフすくなっっsign03 でもとっても可愛くて、印象に残りました。


今回のは、子どもたちで、舞台のセットを入れ替えたり

照明の調節カーテンの開け閉めを行ったりするというもので、

子どもたちが積極的に舞台を作る姿勢が見られました。

年長さんという最後の舞台にふさわしい仕上がりになっていたように

思います。



合奏の曲は『ドラゴンクエスト~序曲~』

次男はちゃんと前を向いて、

鍵盤を見ずにピアニカをひいているのがよかったです。


お歌は『ともだちになるために』

この曲は子どもたちが手話をしながら、歌っていました。

何かをしながら歌うのは大人でも難しいことです。

とてもがんばっていたと思います。


これは最後の言葉です。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜゜

ぼくたち わたしたちは もうすぐいちねんせいです

はっぴょうかいでがんばった(←ここは、次男が言いました)

おもいでは ずっとわすれません

ずっと ともだちだよ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


年長さん

にもなると、

『はずかしい(/ー\*)』という気持ちのほうが先に出る子も多く、

前日に「きんちょうする~」と話してたり、

当日劇が終わってから、知恵熱を出したりした子もいたようです。


でも本番の舞台では、子どもたちみんなが堂々としていて、

涙が出るほど感動する発表会に仕上がっていました。



担任の先生
も終わりの挨拶のときには涙が止まらず、

保護者にもうまく話せないほど感動しておられました。


実は、前日にも泣いていた先生



先生
がこの日を迎えるまで どれだけ力を尽くして

子どもたちを導いてくれていたのかと思うと、

本当にありがたいです(*^-^)


そんな先生とも もうすぐ卒園というお別れのときがやってきます。


幼稚園とはまた違う世界へと羽ばたいていく次男


この日のことを そしてこの幼稚園を この先生のことを



 大きくなっても  おぼえているかな

 大きくなっても  おぼえていてほしいな

にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

大好きなうた

  • 青い春 back number
  • 繋いだ手から back number

大好きな曲

  • 葉加瀬太郎 Asian Roses