アクセスカウンター

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめ絵本

アマゾン

ブクログ

  • ブクログ

こどもあり夫婦

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

体験

2011年12月18日 (日)

お正月のしめ縄をつくってみよう

今日は「お正月の「しめ縄」をつくってみよう!」という

イベントに参加してきました。

2種類のしめ縄を1つずつ作ることができるそうです。

持ち物は、タオル、汚れてもよい服装・・・なんとこれだけsign03

参加費も無料heart02です。




しめ縄
は、“年神様“をお迎えするため準備のひとつで、

しめ縄が張られた場所が神聖な場所を意味しているそうです。

また、けがれを防ぐという意味もあります。


だいたいクリスマスxmasが終わってから28日ぐらいまでに飾る家が多く、

ご存知の方が多いと思われますが、

31日に飾るのは、「一夜飾り」といって

神をおろそかにすることにつながるので、避けられます。


うちの近所はだいたい12月30日に飾る家が多いので、

我が家も 地の人たちに合わせて飾るようにしています。



しめ縄
飾る期間は地方によってちがうと思いますが、

我が家は近くの神社の「どんど焼き」に合わせてはずすようにしています。


さて、用意されていた藁です。真ん中をしばってあります。

Dsc01934













地域の人が藁のより方を教えてくれます。

湿らせた藁を両手に持ち、手のひらで藁をクロスさせるようにねじっていきます。

Dsc01935
















これが案外難しくて、私たち家族には何度やってもできませんでしたweep

仕方がないので、地域の方がよってくれました。(上の写真の手の人です)

こんな感じで、藁を上手によると、ほどけないのです。

本当に不思議sign02です。

Dsc01937

Dsc01943

先を針金でしばります。

画像をとれなかったのですが、

よった藁をぐるっと巻き、別の藁と合体させます。

紙ひもでしばります。

いらない部分はハサミでカットします。



さて、飾りの説明です。

これは《 裏白(うらじろ) 》

の「裏が白い」ので、後ろ暗いところがない清浄な心

常緑であることから、長寿を意味するそうです。

白髪になるまで長生き・・・の意味もあるとか。

Dsc01946
















《 ゆずり葉 》

この木は新芽が出ていないと、古い葉が落ちないというところから、

「家系が絶えない」ことを意味する縁起物とされています。

Dsc01947
















《 紙垂(しで) 》

しめ縄に垂らして用いた場合は、聖域をしめす象徴だそうです。

Dsc01949


















をつかうのは、日本の稲作文化とかかわりの深い風習ですね。

豊作祈願もかねているそうです。

Dsc01951

















《 橙(だいだい) 》

=「代々」とも書き、果実が熟しても木から落ちることがないことから、

長寿の家族に見立ててshine子孫繁栄shineの意味があります。

 

Dsc01941_2


飾りの順番は、裏白、紙垂、ゆずり葉、稲、橙 と聞き、

そのとおりに重ねて、針金でしばりました。

先にに針金をつけておくのがポイントのようです。


1つ目はこんな感じです。ゆずり葉、稲のないもの。

水まわりに飾るといいと言われました。

Dsc01945

2つ目は、玄関に飾るものです。

Dsc01944_4

こうして、はじめてのしめ縄づくりでしたが、なんとか形にすることができました。



クリスマスxmas
が終わると、何かとあわただしく過ごしがちな年の瀬ですが、

しめ縄を作ったことで、

今は 気持ちが引き締まるような感じがしています。

そろそろ けじめをつけて、

来年を迎える準備をしていかなくては・・・と思った一日でしたheart04

にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村

2011年11月19日 (土)

ライブペイント

午前中に次男の幼稚園の自由参加行事がありました。



「ライブペイント」
といって、

真っ白な大きな紙に、下書きもなく自由に絵を描いていきます。

いったいどんな絵が出来上がるものか 誰も想像がつきません。


毎年、青江 鞠さんというアーティストの方が幼稚園にこられ、

一緒にイベントを盛り上げてくれます。

メルヘンの世界に招き入れてくれるような

とても素朴で、可愛らしく、心が安らぐ絵を描く画家さんです。



「食欲の秋」にちなんで、園でとれたさつまいもを

焼いもにしてくれるということで、

アルミホイル2枚でさつまいもを包みました。

帰りにおみやげにもらえるそうです。

P1000230


当日は容易にはとれない絵の具を使用するため、

みんな汚れてもいい服装と裸足で参加しました。



黄色オレンジ

ピンク水色などの絵の具が置かれ、ハケや筆などで、

自由に絵を描いていきます。


子どもたちは、手足に直接絵の具をつけ、

紙の上で歩いたり、はんこのように押してみたり、

はたまた体中に絵の具がつくのも構わず、のたくってみたり。

ハケに多めの絵の具をつけ、ポタポタ落としてみたり。

かなりダイナミックな製作をしております。

P1000233

まさにshine芸術の秋shineです。

次男も絵の具だらけになりながら、集中して絵を描いておりました。

P1000235

最後にキラキラの折り紙やシールをちぎって、絵の上に自由にのせて

いきました。そのひと工夫で、絵がずいぶん引き立ちました。


こういう体験は家ではなかなかやらせてあげられないものなので、

ものすごくありがたかったheart01です。


私などは、白い紙を前にすると、

「なにを描こう?」とか「上手に描きたいな」などと

つい思ってしまったりするのですが、

子どもたちは本当に自由な感性で、どんどん絵を描いていました。


途中で飽きたりしないで、「終わりー」と言われるまで一生懸命に

描いていた子どもたち・・・。


この純粋に絵を描くことを楽しむ気持ち

いつまでも大切にしてほしいなあ・・・(*゚ー゚*)と思った

「ライブペイント」でした。


ちいさな画家さんたち、今日はおつかれさまheart02


もちろん、おみやげの焼いもも美味でしたよhappy01

にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村

2011年11月13日 (日)

ライフ・チャレンジ・ザ・ウォーク

今日は家族でウォーキングに参加してきました。

このウォーキングは、途中でゲームやクイズをしながら、

ファミリーでゆったり楽しく歩こうsign01という目的をもったものなので、

「普段運動を全くしない一家」の私たちにもお気軽に参加できます。



今年で2年目の参加です。今年は130人あまりいたそうです。

くまさん(ねずみに見えた)と うさぎさんの着ぐるみも参加していましたよ。

Dsc01393

まず受付をすませると、参加者の目印になる赤いバンダナ

ピンクのゼッケンチャレンジカードが渡されました。

ゼッケン番号 3番




簡単な挨拶のあと、みんなで準備体操をしました。

「 マルマル・モリモリnote の曲に合わせ、アレンジされた体操を行います。

アキレス腱をのばしたり、前屈したり。

普段、私は前屈など全くしないので、前かがみになると、

かるく   プラス数10cmsign03

かたさ自慢なら、トップクラスでした(ノ∀`) アチャー





さて、いよいよスタートですsign03

引率のおじいさんが前に歩きます。

この人を抜いてはいけないので、早歩きの私にはものすごーく

スローペースです。

もう抜きたい気持ちが抑えられない( ̄▽ ̄)ので、

仕方ない、今日のと白のボーダーの服を生かして、

「ウサビッチのプーチンあるき~」などとふざけながら、

コサックダンスして歩いておりました・・・・・。


少し歩いたあと、公園のゲームポイントに着きました。

ここでは、吹き矢をします。

紙で作られた筒に、紙を丸めた吹き矢を入れ、「ふっ」と吹いて、

紙コップの的に当てます。コップは5つあり、3,5,10点の種類があります。

しかもこの矢はポイントについてから自分で作成せねばならず、

はさみも3つしかありません。ここでずいぶん時間がかかりました。

Dsc01397_2

子どもたちにやらせたら、結果は「13点」。チャレンジカードに書いてもらいます。

まあ遊びなので、上出来ですね(*^m^)


また少し歩くと、運動広場のゲームポイントに着きました。

次は輪投げをします。

輪が2つ渡され、5,10,15点と書いたコーンが置いてあります。

遠いほど高得点です。

兄弟二人にやらせて、次男は失敗したので、「10点」でした。





チャレンジカード
に点数を書いてもらって、また歩きます。

だんだんポカポカしてきました。半袖でも十分いけそうです。

Dsc01394_2

ここからは折り返して、次の公園のゲーム&遊びのポイントに着きました。

ここでは、手作りのおもちゃをもらいます。

消えないしゃぼんだま、ロケット、竹とんぼをもらいました。

Dsc01392_2

そしてロケットは各チーム、飛距離を競います。

だんなさんが30m飛ばしたので、ここは「30点」の高得点をもらいました(*^-^)


また少し歩きます。

最後のバラの広場は、クイズポイントです。

各チームがクイズの答えを考えて、チャレンジカードに書きます。

みなさんもよかったら、考えてくださいね。

4問あります。簡単sign01です。


  mobaq 手ではかけないのに、足でかけるものは、なあに?

  mobaq カラスの赤ちゃんが3回ないたよ。

         だれをよんでいるのかな?

  mobaq お父さんがキライな食べ物は、なあに?

  mobaq すぐに帰宅する動物は、なあに?


この最後のクイズは何点なのか、答えも教えてもらえなかったのですが、

たぶんみんな全問正解したのではないかな?と思います

もうあとは、ただひたすらゴールにむかって歩くのみです。

Dsc01395

このウォーキングは、1着に到着しようが1位ではないということが

去年参加してもうわかっていたため、

道々の景色を楽しみながら歩きました。ちょっとした目の保養です。



ゴールをしたら、ゼッケンとチャレンジカードを受付に提出し、

参加賞のパズルと折り紙、

家族分のパンとジュースをもらいました。

ジュースはごくごくいけます。

運動?のあとは、身体におもしろいほどしみこんできますね(*^-^)

そうこうしているうちに、最後の家族がゴールしました。

閉会式を行います。


1位から3位までの発表です。

歩くこととは全く関係なく、ゲームの得点で順位が決まるので、

大きい子どもばかりのチームが賞をもらっていました。

3位は お菓子の詰め合わせ

2位は ブランケット

1位は 抱き枕  

ということでした。


そのあとも、5組まで抽選で商品券があたるということでしたが、

うちは見事はずれでした。

くじ運がないのが我が家の自慢です。かなしいです゚゚(´O`)°゚



でもこんな機会でもないと、家族で3㎞も歩いたりしないので、

子どもがまだ一緒に歩いてくれているうちは、

毎年 参加したいなーと思っています。

そういえば、参加賞のパズルに

                  うわさの『アリクイ』パーツが・・・。

Dsc01389_2

おあとがよろしいようで・・・(笑)

なんのことかわからない方は、細長い顔の犬へどうぞ(o^-^o) 

2011年11月 8日 (火)

取材体験

9月の終わりのことです。

うちの母があるお茶の感想を書いて送ったら、その感想がよかったのか?

文章が誌面に載るという話をしておりました。

私は「へえ~よかったね。載ったら見せてね」と話していたのですが、

後日その会社から

「取材をしたいのでおうちにお邪魔させてください」という話が出たそうです。

それで母は「娘の家でなら」と勝手にOKしてしまい、←なぜ?


事後承諾で私に

「そんなことになったけど、いいよね?

 もうこんな珍しいことは二度と起こらないだろうから一生の宝物にしたい」

と泣きついてきました・・・・・・。


そう思うなら、自分ちでお願いしてほしかったのですけれど・・・・。



そのときの私は期間満了日が近づきつつある仕事の

最後の追い上げ作業で、毎日ものすごーく疲れていたんです。


特にその週の週末はゆっくりしたかったのに、急なことでつぶれるし、

掃除はしなければならないし。

もう怪獣になって暴れまわってやりたいぐらいでした。

写真も撮られるというのに時間もなく、カットも毛染めもできず・・・・・。




母は自分だけちゃっかりカットにいったり、

服を買ったりして身なりを整えていきます。



母は撮影につかう和菓子急須湯呑みなども新しく買い揃えていました。

ずいぶん物入りなことですthink





11月号掲載分ということなので、

「秋の服を着てください」と言われたそうです。

まだ世間は半袖で過ごしているにもかかわらず、

秋服を求めに服屋さんに行ったり、夏のものを片付けたり、

私も何かと忙しかったです。


しかも私は前日もやめときゃいいのにブログの立ち上げなどで、

パソコンをずーっとさわっていたので、

明け方まで起きてしまい、顔はまるで落書きでもしたようにシワシワwobblyに。


目の下もクマを飼ってしまっている状態です・・・・・。

写真はぜひ拒否したい・・・・。

取材には3人こられており、お茶と最中の手土産をいただきました。

カメラマンは写真撮影に使う機材もせっせと運び込み、

黒い傘のような機材を隅に置いてセッティングしていました。



母が用意したお茶菓子を来たとたんに写真におさめたりしています。





まず名刺が配られ、この取材のいきさつを丁寧にお話してくれます。

そしてこの記事はこのお茶を愛飲している方々に

毎月届けている新聞のようなものに載せるので、

ご安心くださいというような内容でした。

納得したところで、さっそく取材がはじまりました。



うちの母はヘルパーをやっています。

今回の感想は、

そのヘルパーの仕事から帰ったときに飲お茶がほっとするといった

内容だったそうで、

取材の方は当然母にヘルパーの仕事について質問してきました。




しかし、うちの母はよほど緊張したのか?長々とまとまりのない話をはじめ、

しまいには「おむつをかえるときに暴れるおばあさんがいて大変なんですよ~」などと

裏話までぺらぺら話しています。

取材の方も少々困っていらっしゃる様子でした(苦笑)


私は『マイナスな記事はさすがに書かれへんやろ~catface

と内心ハラハラdashしていたのですが、母の取材だし~と遠巻きに見ていたら、

もう一人の取材の男の方が、私にまでいろいろと質問してきました。



「娘さんはご実家におられたときに、

どういったときにを飲まれていたのでしょうか?

たとえばお食事のときにお母様にいつもお茶を入れていただいて飲んでいらっしゃったのでしょうか?」

あらためて聞かれてもいつ飲んでるかなんて意識したことないな~と内心思いましたが、



「そうですね~。食事のときにを飲むというよりは、

食後に甘いものを食べるときなどに飲んでいた記憶があります。

甘いもの、特に母は和菓子が好きなものですから。

あと私の受験勉強の合間にもお茶を出してくれたりしてくれたように思います。

食事にお茶というよりは、くつろいだり、

ほっとしたいときに飲むといった習慣があったように思います。

母は29歳で祖母をガンで亡くしてしまっているものですから、

緑茶はガン予防にも効くと聞いたこともあって、

母も特に積極的に飲んでいるように思います」


など気がつくとぺらぺらしゃべっていました。


おしゃべりなので、できるなら私には聞かないでほしいのに、

こうなったらとまりませんよ

母はまた趣味は?と聞かれ、これといった趣味が思い出せないようで、困っていました。



またまた私が

「懸賞ハガキをよく出してあたっているよね。懸賞に応募するのが趣味じゃないかな?

それで、私も当選した券で美術館なんかにもよく連れていってもらっているんですよ。

去年なんかは姫路の兵庫県立歴史博物館に連れて行ってもらって、

子どもたちの装束の着用体験もしてきたんですよ・・・・・・。」

としゃべりまくります。完全に母よりしゃしゃり出ています。







でも本来お茶の取材であるので、根本お茶と私・・・のようなテーマを

どうしてももってきたいようなのです。

そこで、

「母は和の人だと思います。

 節分には太巻き、子どもの日には菖蒲、冬至にはゆずといったものを

 結婚してからも持ってきてくれたりします。

 毎日の生活でつい忘れがちな日本の慣習を教えてくれるので、

 私も四季を感じる生活ができ、感謝しています」

などとまたぺらぺらとしゃべってしまいました。



ああ、とまらない・・・・・。



嘘はついていませんが、あとで考えると自分のおしゃべりがものすごく恥ずかしい・・・sweat01

あと家族での写真を何十枚もとったりしました。

びっくりしたのは、同じ場面の写真を本当にたくさん撮るんですね。

あとでプロのカメラマンが撮ったこの写真を何枚かプレゼントしてくれるということでした。

そしてこののマスコットキャラクターのグッズもいただけるということでした。



出来上がった誌面の写真は、

私だけでなくだんなさんまで笑いすぎて目じりシワシワ~です。

ブルータス、おまえもかっっ!状態です。



こどもらもその日は目がかなりはれていたようで

こんな家族を掲載していいのかとても不安ですが、

載ってしまったものは仕方ない、

願わくば知り合いに気付かれないよう過ごしたいものです。



それにしても、あの話をこんなにコンパクトに美しくまとめた文書力には

さすがプロ!と感心しました。

そして「取材ってこんな感じでしているんだなあ」と何かと勉強になった一日でした。




※教訓:気をつけよう!

    寝不足はシワシワになるよ~!!

    あと笑いすぎてもね!

にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村

大好きなうた

  • 青い春 back number
  • 繋いだ手から back number

大好きな曲

  • 葉加瀬太郎 Asian Roses