アクセスカウンター

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめ絵本

アマゾン

ブクログ

  • ブクログ

こどもあり夫婦

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« お手伝い | トップページ | 大阪府立弥生文化博物館 »

2012年11月 6日 (火)

小学生あれこれ

今日は朝の4時過ぎに目が覚めました。

なぜってsign02

ものすごい雷雨だったからです。



ピカッsign03 

ドカン ドカーーーンthunder

ザアアアアアアアアrain


こんな稲光thunderがしているのに、

男3人は全く気付かずに熟睡sleepyしておりました。

さて、今日は長男の修学旅行の出発日。

またまたお弁当を作らないといけないので、

そのまま起きていました。


今日のお弁当は捨てられる容器で・・・ということで、簡単に。

風邪で買い物にもいっていないし、

鶏胸肉しかないので、ごまつき竜田揚げにしました。


おにぎりの中身は鮭、おかか、ごましお、梅干しです(*^-^)

Dsc07266_2

この前、長男が社会見学に行ったときのお弁当もついでに。

Dsc07175

このときに、一緒にお弁当を食べてた男の子は、

なんと5時に起き、自分でお弁当のおかずを半分ほど作ってきたそうです。

その子の家は、事情があって母子家庭なのですが、

お母さんも働いておられるため、『少しでもぼくがやろう』と考え、

自分で作ってきたそうです。


お母さん、とってもうれしかったでしょうね。

優しい、いい子を育てていらっしゃるな~と

ほんわかした気持ちheart01になりました。



そんなこともあって、この前、長男にもお料理させてみたんですけどねwink




では、気をつけていってらっしゃーいpaper

Dsc07274_2 



さて、小学校高学年ともなると、

以前、小学生の喫煙の記事にも書かせていただいたことがあるのですが、

学校schoolでも さまざまな問題が起きています。





信じられないような話をすると、他市では、

小学5年生の妊娠(相手は同級生)事件sign01もあったそうです。




この小学生の喫煙があった学校は、同じ市内の小学校なのですが、

そこへ通ってる子のママさんと久しぶりに会ってお話をしました。


話していると、そこの小学6年生は75人しかいないはずなのに、

なぜか2クラスから3クラスになったというのです。

理由を聞いてみました。





ちなみに、うちの学校の小学6年生は109人3クラスです。

75人の児童数だと、2クラスでいいはずなんですけどね。




理由はというと、この学年が5年生だったころ、

反抗期の男の子たちグループがかなり暴れていたそうです。




女性の教師の髪の毛をつかんで 引き抜いて泣かせたり、

男子でも女子でも 朝から蹴るわ、殴るわのものすごい暴れようで、

授業にもならず、みなさん困っておられたそうです。




最後の懇談で、さすがに保護者会が開かれ、

保護者の方がなんとかしてほしいと現状を訴えましたが、

当の本人らの保護者は「うちの子は、家ではとてもいい子ですからsign01」と

絶対に認めようとしなかったらしいです。




そこで、たまりかねた保護者の方たちが、

「このままでは困る。3クラスにすべきだsign01」とみなさんで訴え、

それが実現したんだとか・・・・・。




彼女いはく、

1クラス25人なんて、幼稚園なみでしょ~。もう平和なものよ~」

と言っていました。





なんでも、お受験する子ばかりを集めたクラスも1クラス作ったらしく、



彼女の息子さんはお受験を考えているため、

今は、そのクラスにいるそうです。

息子さんは、毎日電車に乗って、遠くの塾に通っています。

「5時から10時半まで帰らないのよ~」と言っていました。

きっと帰ってから、学校の宿題をしたりするんでしょうね。


ソンケー(゚0゚)




うちの小学校schoolでも、学級崩壊してしまった学年もあります。



担任の先生が殴る、蹴るの暴行を受け、授業にもならず、

先生も学校に来られなくなりました。




そこで、教頭先生が代わりに担任を引き受けましたが、

同じように殴られたりしていたそうです。




今の次男の学年も、1年生ではありますが、

授業中立ったりして、妨害する子が多いため、

支援員を一人つけたと聞きました。

次男のクラスの先生は、ベテランなので、

この前の参観を見ておられた他のクラスの保護者の方たちが、

「このクラスだけ、全然雰囲気が違う」と驚いておられたそうです。



フリー参観で、あんなにしっかりしていたのは、

先生のおかげさまさまだったみたいです(*^-^)




これまで、先生も個性のある方によく当たってきました。




たとえば、長男の4年のときの担任の先生なのですが、

ある日、男の子が、髪の毛をさっぱり切ってきたそうです。



すると、先生がその子を呼び出し、前に立たせます。

大きな声で、

「みなさーーん、ご注目ーーーshine



なんだろう?と思って、そちらを見ると、

じゃがいも でぇーーーすーーー」




他の児童にとっては、おもしろいのかもしれませんが、

言われた子は、ムスッannoyとして怒ってしまったそうです。





その先生は、ある子が風邪でずっと休んでいて、

久しぶりに学校に来た時も、

「あら、もう来てもいいの?

バカは風邪ひかないっていうのにねぇー」

と言ってしまったんだとか。

手のかかる生徒を他クラスにつれていき、

「おまえなんかこのクラスにいらんsign01



いじめ問題があったときも、

いじめを訴えた保護者に

「おかあさーん、いじめなんてねぇー。

そんなこと この学年であるわけないじゃないですかぁ。

気のせい、気のせい」

と一蹴。




後日、本当にいじめがあったと発覚したので、

その方は猛烈に抗議しました。

先生は謝りにこられたそうですが、

「お母さーん、なんでも笑いに変えなきゃ~」という言葉に その方は激怒pout

「あまりにも度がすぎますsign01



そんなことも積み重なってか、

翌年には先生は学校からいなくなってしまいました。




この先生は、長男の懇談時には、

「お母さん、高学年になったら、ドッジボールが苦手だと、

友達関係に支障が出て、お友達が一人もいなくなりますよ

とおっしゃいました。




いま、長男は6年生ですが、

みんな休み時間にドッジボールをしているわけでもありません。

むしろ、そんな時間がないそうです。

もちろん、ひとりぼっちでもありません・・・。


去年の担任の先生は、

ものすごく几帳面な男の若い先生でした。



その先生は、

児童の整理整頓ができていないことを追いつめてしまうのです。

そのほか、プリントのやり直しなどに追われ、

休み時間がほとんどないというクラスでした。

下校時刻も6年生よりも遅かったです。


こどもたちも気のはれる休み時間がないことで、

ものすごく陰険な感じになってしまっていました。

ある児童などは、その先生に理不尽に怒られてばかり。

とうとう精神的にやられてしまいました。

今は、学校のカウンセラーにお話を聞いてもらっているそうです。

忘れ物が多い児童をトイレに閉じ込めて、

そこで怒るというようなことをしていたそうです。

うちの長男も整理整頓が苦手。

懇談では、

「片づけられない障がいでは?」

と言われました。

私は、男の子は多少整理整頓が苦手だろう・・・と思っていたので、

そこまで大げさにとってなかったのです。

でも先生に言われると、そうなのかな?という気がしてきます・・・。



それでも、

「私がわりと几帳面なほうなので、

小さいときに手を出しすぎていたのかもと反省してはいるのですが・・・」

と言うと、



「ぼくの母親も几帳面でしたが、

ぼくはこんなこどもにはならなかったですよ」

とおっしゃいました。




このときは、本当にびっくりして、先生の目の前で泣いてしまいました。


先生はあわてて、その場を取り繕っていましたが、




覆水盆に返らず




私は涙目になりながら、

「ご迷惑をおかけしているのはわかっています。すみません。

どうか息子を長い目でみていただけるとありがたいです。よろしくお願いします」

なんとかこれだけ言って、帰ってきました。







長男
の今の担任の先生は、

「だれにだって、苦手なことはある」

と言ってくださいます。




「〇〇くん。きみはこんなになんでも ちゃんとできるんだから、

こっちのほうも もう少しだけがんばってみようね」

と声かけしてくださってるそうで、

長男もそういわれると、ちゃんと先生に認めてもらいたいと思うみたいです。




甘いかもしれませんが、このほうが効果があるようで、

整理整頓も多少マシになってきました。

長男にとっては、今までで、一番楽しいクラスなんだそうです。




この小学6年間、本当にいろんなことがあったなあ・・・なんて、

修学旅行に出発する長男の背中を見ながら、

なんとなく思い出してしまいました。




またまた長くなりますが、この前、小学校の創立記念日で、

こどもたちがお休みでした。

うちの母が一緒に出かけたいというので、行ってきました。

大阪府立近つ飛鳥博物館

「『古事記』では南河内の飛鳥の地を、

大和の「遠つ飛鳥」に対して「近つ飛鳥」と呼んでいる」そうで、

古墳時代から飛鳥時代の古墳とその時代に関する専門博物館

なんだそうです。



ここへ行くのは、2度目です。

バス停についたら、小さい公園があったので、そこでしばし休憩。

ブランコ、びゅーんheart04 足しか見えませんね。

Dsc07188

すべり台も長かったです。

Dsc07194

バス停から、博物館までは、山道を少し歩いたのですが、

この実はアケビでしょうか? 珍しいなと思いました。

Dsc07205

館内の様子。

Dsc07213 Dsc07212

Dsc07210 Dsc07209

Dsc07217














Dsc07218 猪形(いのししがた)の埴輪です。

Dsc07221 Dsc07219 Dsc07224




















これは、

帆立貝式古墳(ほたてがいしきこふん)というそうです。

Dsc07229











Dsc07226

Dsc07214


馬の骨格は珍しいみたいですね。

Dsc07227

これ、パズルになってます。鏡です。

こういうパズルがたくさんありました。

Dsc07220

石塔を復原。

Dsc07234_2

Dsc07236

いま「南九州とヤマト王権-日向・大隅の古墳-」という展示を

しているため、こんなシールもいただきました。

Dsc07239

おみやげも九州のものが売っていました。

Dsc07238





帰りの電車に乗り、駅から歩いて帰る道すがら、

高学年であろう数人の女子が自転車で通りがかりました。


そのとき、その子たちが笑いながら、

「お母さんと出かけるの~お~」

と聞こえるか聞こえないぐらいの小さな声で言って、

去って行ったのです。




私はちょっとびっくりしたので、長男

「お母さんと出かけたら、ひやかされるの?

もしそうなら、離れて歩こうか?」と言いました。






長男
は、

「そんなん、大丈夫。誰も何も言わないよ。

今も誰もそんなこと言ってなかったし、気にしなくていいから。

離れて歩かなくてもいいよ」

と言ってくれました。




でも、運動会のときなど、つなひきでも、

女の子は「お父さんと出たくない。お母さん出て」と言ったとか聞きますし、

思春期が早い男の子だと、部屋に閉じこもって、

ごはんのとき以外は出てきてくれなくて・・・という話も聞きます。




私としては、ものすごーく気になった事件でした。






他のママにきいたところ、

「そんなん、うちだって、一緒にでかけてるよ。

息子らも気にしてないし。

いつかは ついてこなくなるんだから、

ついてくるうちは、一緒に出かけたらいいんよ」

と言っていて、ちょっと安心しましたが、

なんだか一緒にいるところを女子に見つかったらまずいのかな・・・と

気になってきました。







中学生になったら、さすがに・・・と思ってはいたのですが、

小学生でもいろいろと難しいんですね。





でもあのとき、「気にしなくていい」と言ってくれた長男の背中は、

いつもよりも ずっとずっと大人びて見えましたconfident

にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村

« お手伝い | トップページ | 大阪府立弥生文化博物館 »

むくむくのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

 こんにちはhappy01

や~~~小学校びっくりですね!
色んなことが(゚д゚lll)
大変な時代ですね!

正直、先生の当たり外れありますね!
それで人生が変わるって過言ではないような気がします。

うちは長男が入学当初、「やることが遅い!」ってベテランの女性教師に言われてショックでした。
その人がなんと4年も担任wobbly
初めての子やから・・なんとかしようと子供を怒ったと思います。
むくむくさんは「長い目でみて!」ってお願いできたのは素晴らしい
scissors素敵なママですshine

学級崩壊・・
警察のOBを配備すると良いのかな?って思っていたら
もうやってるところあるんですね!先生レベルでは解決できないようなことが多すぎますね!

お弁当美味しそうですhappy01
食べたいわ~~pig

こんにちは~。

今日は、朝っていうか真っ暗な未明に雷ですか。
びっくりですよね。

むくむくさんってば、今日はテーマがたくさんあって
コメントどれで行こうか、むついです~coldsweats01


でもやっぱ、お弁当から、
キュートですね~heart04 ニンジンのお星さまかわゆすです。scissors


一緒にいるところを女子にっていうところ・・・

わたくし、思い出してしまいました。
息子が5年生の時そんなようなことがありました。
母親とではなく、妹とって事だったんですがね。

どんな話か、書いてたらめっちゃ長くなってしまったので、割愛させていただきます。coldsweats01

こんにちは^^
学校の問題! 本当にいろいろ大変ですね。
昔から、大なり小なりはあったことだと思いますが、
一つだけ言えることは、むくむく家のお子達なら
大丈夫scissorsということです。
親の背中をちゃんとみて育ってますものhappy01
先生は、確かに当たり外れ、あると思います。
うちの子の時も、担任を変えてくれ!と校長へ直訴したり
する保護者がいたり、いろいろありましたが、今となっては
笑い話ですcoldsweats01

娘が小6のときに、担任の先生が精神的にダウンしちゃったなぁ。
いい先生だったんですが、
子どもがやりたい放題、言いたい放題で。
(暴力があったわけじゃないんですけどね)
私が思うに、どう考えても、子どもの態度が良くないのに
やはり、親のほうは、全然問題だと思ってなかったというか
わかってなかったというか・・・think

かと思えば、中1のときのように
明らかに教師の方の言動が普通ではないこともあったしthink
そういう先生は、その学校にはいなくなるかもしれないけど、
何のペナルティもなしに、別の学校に移ってたりするんですよね。

大事なのは、学校と保護者が、
不信感を持たずに意見交換できる環境かな~、と。

子どもに限らず、きちんと存在を認めて尊重するっていうのが
一番大事だと私は思ってますhappy01
むくむくさんも、お子さんたちも、
今のままでとっても素敵shine
外野の言うことなんか気にしないでwink

school chauken さん こんにちは
お返事が遅くなってしまい、すみません。

上の子は、気がかりですよね。
はじめてだらけで、わからないことばかりですし。

うちの長男は、のんきでマイペースなので、
やることが遅いと思いますよ。
そのせいで、時間に間に合わないので、
机の中にプリントをつっこんでしまったりするんですよね。
そして、だんだん机の中が汚くなってしまう・・・coldsweats01

周りのお母様に聞いても、
男の子は、プリントを出さなかったり、
ぐちゃぐちゃで持って帰ってきたりで、
一時期なおっても、またすぐ同じことになってしまうとおっしゃっていました。

先生は、当たり外れありますよね。
合う、合わないがあるというか。

先生も人間ですから、好き嫌いはあるのでしょうが、
学歴もある人たちですし、
それが職業でもあるわけですし、
もう少しうまい言い方ができれば、
こちらの受け取る印象もちがってくるのかな?と思いました。
去年の担任には、子育てを否定されたようで、ショックでしたねweep

警察のOBを配備している学校もあるのですね。
小学生でも暴れられると、本当にキケンだと思います。
昔なら、先生の権力でおさえられたんですけどねwobbly

お弁当は、朝起きたとき勝負!が多くて、
いつもノープランで作っています。
それでも、長男がおいしかったといってくれたので、安心しました。

schoolmitoさん こんにちは
お返事が遅くなってしまい、すみません。

雷、どこか落ちたんじゃないかなと思います。
うちのガレージに落ちたかと思いましたよcoldsweats01
近かったんでしょうね。
うちの母も同じころ、雷で起きたから寝不足~と言っていましたconfident

お弁当は、高学年にもなると、からかわれるとまずいな・・・と
そちらの気持ちが先にたってしまうので、
シンプルに。
でも、星ぐらいいれさせて~と思って、入れちゃいました(笑)

割愛された話、めっちゃ気になりますね~。
みなさん、そんなことなかったのかな?と
思っていたものですから。
妹と一緒でも ちょっとひやかされたりするんですね。

昨日、次男の体操のときに、ちらっとその話をしたら、
「え?まだ一緒でいいでしょう。
そんなん言ってる子も絶対お母さんと出かけてるよ。
だって、洋服とか一緒について行って、サイズあわせたりするでしょ?
きっとそんなこと言いたいだけだよね。」
と笑ってました。
思春期が遅い子と、早い子がいるんですよねwink

この日のことが、ちょっと裏目に出てしまいまして・・・。

修学旅行のお迎え。
無理したらいけたかもしれないのですが、
次男の体操のお迎えと重なったので、迎えにいかなかったんです。
そしたら、ほとんどの親が迎えにきてたそうで・・・。
長男は気にしてはいませんでしたが、
ちょっとかわいそうなことをしました。

schoolくまモンママさん こんにちは
お返事が遅くなってしまい、すみません。

大なり、小なり、いろいろありますね。
ママさんのおっしゃるように
過ぎ去れば、笑い話になってしまうと思ったら、
気が楽になりますconfident

親の背中・・・という面では、
たとえば、うちの主人はスポーツとか
あまり興味がないほうなのです。
こどものころから、走るのも苦手で、私とは正反対なんですね。

男の子の親としては・・・と思っていたのですが、
主人は、ものを修理するのが得意なんですね。

昨日もクリスマスの飾りを何点か出してきたのですが、
その中のひとつが電池を入れても、
ちょっと動かなくなってて。
それを帰ってきたら、ちゃんとなおしてくれたんですね。

次男は、いっつもそんなとき、興味深げに主人についてみてるんです。
そのせいか、電池交換とか次男がドライバーつかってあけて、
やってくれたりします。
「いつもパパのやってるのを見てるから!」といって。
やたら、解体しようとするのが困りものですが・・・。
やっぱりこどもは見てるんですよねwink

今、音楽の先生のことで、ものすごく悩んでいるのでいることもあり、
このような記事を書いたような気がしますwobbly
おつきあいいただき、ありがとうございます。

schoolSuperNonNonさん こんにちは
お返事が遅くなってしまい、すみません。

いま、先生不足の時代ですよね。
うちの学校でも、
以前、授業中、スーパーに抜け出して遊んだり
する生徒グループがいたんですよ。

それで、担任の先生は
一生懸命に説得されたんですけど、
なにかの拍子に手があたり、その子の鼻の骨を折ってしまったそうです。

もちろん謝罪にもいき、
その子のために毎日学校終わってから、
勉強を教えにいったそうなのですが(←そこまでしなくても・・・と言う保護者が多数coldsweats01)

その子の保護者は、そんなときだけ被害者面して、かなりもめたそうです。
保護者の協力がないと、どうしようもないことってあるんですよね。

去年の先生は決めつけが強すぎて、
こどもは本当はそうではないのに・・・くやしい・・・と
思うことは多かったです。

去年、長男はクラス委員をしましたが、
「そんなのができる子ではないと聞いています」発言がありましたし(苦笑)
先生がどう思ってるかわかりませんが、ちゃんとやってましたけどね。

みんながみんな、はきはき意見を言える、活発な子ばかりではないですよね。
そういう子のほうが好かれるでしょうが。
こどもにだって、プライドはあるし、ちゃんと考えていますからね。

修学旅行でも、長男は実行委員でしたので、
バスの中の司会やら歌も歌ったり、解散式の司会やらもやっていました。
やるときはちゃんとできる子だと私は思っています。
そして、今が一番楽しいと言ってくれて、ほっとしています。

外野のいうことなんか 気にすることない
本当にありがたいお言葉ですwink

とっても美味しそうなお弁当ですね~☆
なんかおなかすいてきました^^
修学旅行だったんですね~
ウチも娘が月曜日から日光に行って来ましたよ~^^
2日目どしゃ降りだったみたいですけど^^;
むくむくさんちの息子さんはどちらに行かれたんですか~?
実行委員されてがんばったんですね。
小学校の楽しい思い出が出来てなによりですね☆

しかし、今学校は厳しい環境にありますね。
いろいろな問題にあふれてますね。
青少年の犯罪も低年齢化してて、保護者としては
不安もたくさんありますね。
でもきっとどんな時代にも、
その時代なりにいろいろと問題はあって、
辛い思いされてる先生や児童、保護者の方がいらしたんだと思います。
子ども達には荒波にもまれても、前に進む力をつけて欲しいと思ってます。
ウチもいろいろとありますが、
とにかく上の子が小学校を卒業する実感が私には必要みたいです^^;
ホントに6年間は思っていたより早かったです。
中学も未知の世界で怖いですね~
すみません長くなってしまいましたo(_ _)oペコッ
お互い子を信じて、今を楽しみましょうね~♪


schoolクララさん こんばんは
クララさんの娘さんも修学旅行だったんですねhappy01

うちの息子は、平和学習ということで行きましたから、
行き先は広島県です。
原爆ドームやらをみて、宮島に宿泊し、
厳島神社に行って、姫路セントラルパークで遊ぶというものでした。

うちは、遊園地にはほとんど行ったことなくて(主人がジェットコースターとかダメなので・・・私は大好きですが)
本格的なジェットコースターは、たぶん息子ははじめて乗ったと思うんです。

楽しかったみたいですが、
『まだなんか頭の中がまわってる~』と寝る時も言っていました(笑)
娘さんはどしゃ降りの中で、大変でしたね。
それもいい思い出ですが。
広島は雨は幸い、降らなかったんですよ(*^-^)

いつの時代にも問題はあったんでしょうね。
今は、わりと問題にならないですみそうなことも
問題になったりしますけどね。
ドッジボールの球がかたいとケガするとか保護者がいうから、
ものすごくソフトなふわふわボールにかえられたり・・・。
こども守りすぎ∑ヾ( ̄0 ̄;ノとびっくりします。

この前乙武くんの『だいじょうぶ3組』という本読んでたんですが、
←映画化されましたね。
先生によって、生徒がこんなに変わるんだなあ・・・という内容でした。

クララさんのおっしゃるように
これから社会にでるためにも 前に進む力を
見につけていってほしいですね。

6年間、早かったですよね。
息子は中学生になっていいんだろうか・・・というぐらい幼いので、
かなり心配しています。
怖いですが、こどもを信じるしかないですよねwink


こんにちは~。
今回も盛りだくさんの内容ですね~。
ふむふむと思いを寄せながら、拝読させて頂きました。

いや~、今のお子さんたちもあと先生たちも・・・、
ほんっといろいろありますねgawk
私が今の時代の子供なら、多分生きてません・・・coldsweats01
なんだか過酷過ぎて、楽しい学校生活を送れるか不安・・・。
実は私、子供の頃は口がどこにあるのか不明なくらい、
おとなしいお子様だったみたいです。
先生にも「少しおとなしすぎるかな?もっと積極的になりましょう」と、
散々言われたようで・・・。(人見知りな部分もありますね多分)
そういう子供ってこの時代、いじめのターゲットになりやすいですよね・・・。
は~、やっぱり今「おばさん」でよかったのかも・・・。

むくむくさんもたまには息抜きをしてくださいね。
次の更新も楽しみに待っております~loveletter

school凛子さん こんばんは
お返事が遅くなってしまい、すみません。

私もおとなしいこどもでした。おんなじですねwink
母親が内気なほうで、それを見て育ってますから、
内弁慶なほうでした。
私自身、転校が多かったため、ただでさえ目立つので、
目立たないようにするように心がけていたこともあります。

私自身の記憶でいえば、小学校高学年のときですが、
担任の先生と生徒一人一人が交換日記をするということがありました。
先生がなんでも聞いて返事を書くよ・・・というもので、
内気だった私は、先生が近くなったようで
とてもうれしく思い、信用してなんでも書いていました。

ある日、他の子をいじめている女子生徒が何人かいたので、
交換日記を通じて先生に報告したのです。
でも、その件を先生は家庭訪問時に
「他人を批判的に思うくせのあるお子さん」という風に
母に報告し、母もそれを私には言わなくてもいいのに、
話してきました。

そのことは、すごくショックでしたね~wobbly
正義感をそんな風にとられてしまって。
先生に心を開いてもムダだと、それからはあんまり日記を書く気にはなれませんでした。
やっぱり先生の存在って、こどもにはとても大きいんだと思います。
6年生にもなると、睡眠時間を考えたら、
学校の時間の方が長いのでは?と思うぐらいですもんね。

先生も、昔はもっと厳しかったと思うのですが、
『先生だからえらいんだ』なんて納得できる厳しさだった気がしますconfident
忘れ物をした生徒にケツバンなんて当たり前でしたし。
今の時代、そんなことは問題になりそうですもんね。
私も今の時代だったら、過酷すぎて、つらかったかもと思います(*^-^)

  雷が鳴るのは、季節の変わり目だそうですね。大阪も、これから、寒くなるのではないでしょうか。happy01
 学校は、落ち着いて勉強できるのが、一番だと思いますがいろいろあるのでしょうね。以前、聞いたことがありますが、下町で借家の多いところは荒れやすいのだそうで、家の経済状態との関係も大きいとのことでした。
 荒れる環境の中でも、しっかりした先生だと、クラスは、まとまるのでしょうね。必ずしも、先生の年齢と比例するということでもないようです。担任を任されている以上、一定の能力は、もってらっしゃると思いますが、先生間の差は存在するのでしょうね。happy01
 でも、どの子も、きっと、先生や、地域の大人から、かまってもらうのが、一番うれしいのかも知れませんね。
 12歳から、青年前期だそうですね。長男君は、どんな青春時代を送るのでしょうか。happy01
 
 

schoolとしちんさん こんにちは
季節の変わり目の雷だったのですね。
たしかに、週末は寒くなりました。
あわてて、カイロを買いに行きましたよwink

今のこどもは、土曜日に学校がなくなったせいか
平日にそのしわよせがきてるんでしょうね。
算数の単元なんかは1週間ごとに変わってるような時もありました。

また習い事をする子や 塾に行く子も多いですから、
高学年にもなると、平日は遊ぶ暇は全くないかも・・・という状態です。

私の子ども時代など、高学年になっても外で遊ぶ時間が
もっとあったかと思うのですが、
長男など水曜日も6時間授業ばかりですから、
昔とは全然違いますよねcoldsweats01

運動神経などは、本来遊びながら見につけていくものですよね。

経済状態は、差があるかもしれませんね。
ここの市は、ご結婚をされてもご実家の近くに帰ってくる人が
圧倒的に多いので、祖父母の援助をしてもらえるところが多いです。
そういうご家庭のお母さんはバリバリ働けますし、
習い事もたくさんさせているみたいです。

先生は、年齢で・・・ということはなかったです。
若い先生でも、意欲的な先生もいますし、
ベテランの先生はおおらかな目で見てくださいますね。

担任は、うちはなぜか講師にあたることが多くて・・・。
民間で一度働いてから教職につかれた先生などは、
露骨に「教師より給料がよかった。楽だった」とこどもに言っていたらしく、それはこどもの前で言わないでほしいと思ったこともあります。

まわりの男の子たちは、もう声変わりをしていたり、
背が急激に伸びたりしています。
長男も急に大人びてくるのかもしれませんねhappy01

大人として

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579987/55951553

この記事へのトラックバック一覧です: 小学生あれこれ:

« お手伝い | トップページ | 大阪府立弥生文化博物館 »

大好きなうた

  • 青い春 back number
  • 繋いだ手から back number

大好きな曲

  • 葉加瀬太郎 Asian Roses