アクセスカウンター

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめ絵本

アマゾン

ブクログ

  • ブクログ

こどもあり夫婦

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« あびこ観音で厄払い | トップページ | ドラッグストアで第一類医薬品を買うのは »

2012年1月31日 (火)

一番きらいな虫

虫で一番キライなものといえば・・・

みなさん たぶん ○キブリと答える方が多いでしょう。


でも私は迷うことなく ムカデsign03 と答えます。

こいつにかなうものはないsign01

これだけは もう どうしてもどうしても~イヤsign01なのです。



それはなぜかというと・・・・・。


あれは子どものころ、一人でお留守番をしていたときのことです。

「ピーンポーンnote

チャイムが鳴りました。


その日は、なぜかインターホンがうまくつながらなかったので、

仕方なく 私は外に出ることにし、靴をはきました。



「ん?」
と思ったが早いか

いままでに味わったことのない、


超激痛っっーーーーーーーーーcrying


あわてて靴を脱ぐと、靴の中にムカデsign03



グロテスクな姿
をさらし、うにょうにょ渦巻いています。

しかも超巨大ムカデsign03 



ムカデ
は、私が足をどけると、カサカサ~っと何事もなかったかのように

逃げ去ってしまいました。


痛さの原因がわかった私は、かなりショック(lll゚Д゚)を受けながらも、

チャイムnoteを鳴らされたことを思い出し、玄関から出ました。



激痛
はさらに激しくなります・・・。

かまれた足はひきずりながらの応対です。


「どちらさまですか?」

どうも宗教的な勧誘の方々のようでした。

今はそんなことよりも とにかく痛いdown


でもでも、大人の人だったら、

きっとムカデにかまれたらどうしたらいいか

知っているにちがいないflairと思い、


「お母さんは今いません。私、いまムカデにかまれて大変なんです。

どうしたらいいんですか?」

とたずねました。


その人たちは「えっ、ムカデsign02あら、大変ねぇ~。

があるわよ、きっと。ほっとくと死ぬから、をださなきゃ。

・・・・・・・・・・・・じゃあ、悪いけど、おばちゃんたちいそがしいから~」

と去っていきました・・・・・・・・weep


自分たちにとって、なんのメリットもない子どもなんて

そういうふうにあしらわれてしまうものなのですね・・・(;ω;)

子どもながら、時間の無駄だったよ~(ちびまるこちゃん風に)とそのとき思いました。


それにしても、子どもにとっては衝撃の事実ですsign01



えっ、があるの?私、しんじゃうの?

もう 目の前が くらくら~typhoon


今、考えると冷たい大人ですよね。

小学4年生の女の子が困っているのにannoy



とにかく激痛sign03 なんとかしなければ。

じんじんじんじん・・・・・・・・・・・・・bearing

たってられません。


しかも、おばちゃん最新情報annoyではがあるということsign01



をどうしたらいいのかもよくわからないので、

かまれたであろう患部に口をつけ、

なんとなく吸って、つばを吐きました。


そのあと患部をよく洗い、家の中にあったキンカンをぬりたくって、

なんとか応急処置をしたように思います。


なんか私って、冷静・・・・sign02なんて、

よく考えたら、携帯電話なんかもない時代・・・。

いざというときは自分で危機を脱するしかなかったんでしょうね。

しらべてみたら、あの人たちがいうのも、あながち間違いでもなくて、

たしかにムカデにはがあるみたいです。

ハチのと非常に成分が似ているけれども、

の量は少ないみたいです。


だから、かまれたからといって、死ぬほどのことでもなさそうです。

ハチと似ているということは、

同じ種類のムカデに繰り返しかまれると

アナフィラキシーショックsweat01をおこすんだとか。

この点からも、もう二度とあいたくない虫ですbearing



でもムカデにしたら、

目の前に 急に足の裏が差し出されたわけですから、

思わず防衛本能impactでかんでしまいますよね。



そんなわけで、私はこの日からムカデが大嫌いsign03なのですが、

なんと後日sign01弟もムカデの被害にあいました。

しかも就寝中に、鼻の下をかまれたのです。



弟の泣き声に、私はすぐに飛び起き、母を呼びました。

弟はただひたすら号泣ーーーーーcrying


でも、母は虫が苦手です。


私はもしかしたら、

この前 逃がしたやつが弟をかんだのかもしれないと思い、

これは絶対に退治しなければ!と思いました。


でもムカデはとーってもかたいんです。

かなづちいるんじゃないでしょうか?

何回か連打impactしましたが、敵はぴんぴんimpactしていました。



このままじゃ、またかまれてしまう・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。



とっさに私は

死なぬなら、

生け捕りにしてしまおう~ホトトギスsign01

と思いました・・・。



母に

ジャムの空きビンあったよね?もってきてsign01

いますぐsign01はやくっsign03

ジャムの空きビンをもってきてもらいました。


そして、壁をはいずりまわっているムカデの上からビンをかぶせました。


うまくムカデが入り、中でムカデがうねっています。


その空きビンぎゅうぅぅっと押さえたまま、私は弟に

「下敷きもってきてsign01 はやくsign03

といいました。



ビン
のふたの部分に下敷きでふたをして、

少しずつずらし、空きビンのふたを即座にあわせてしめました。



捕獲完了~scissors



思わずビンの中のムカデを見て、

『薬にでもしてやろうかしら』なんてことを

ちょっとだけ考えてしまいましたが・・・。


それから、そのムカデがどうなったのかは知りません。


でも、あの痛さだけは、まだなんとなくよみがえります。

ぎゅうぅぅーーーーっと挟まれて、

ねじりあげられるような、あの痛みsign01


そういえば、もうひとつ思い出しました。

 

~へビ編~

sunのことでした。

風が涼しく吹いていて、網戸をとおっていきます。


弟が和室で昼寝sleepyをしていました。


私がそろそろ弟を起こそうと様子を見に行くと

なんと網戸をこじあけて、

柱にヘビが巻きついていた∑(゚∇゚|||)のです。

さすがの私もヘビは怖いです。

そんでもって、弟は知らずにすやすや(´△`)Zzzz・・・。o○寝ています。



かまれたら大変っっ
bearing


私は腰が抜けそうになりながらも、母を呼びにいきました。


当然のごとく、母はヘビが大の苦手sign01


呼んではみたものの、怖がるばかりで

なんの頼りにもなりません。

しかも下手に刺激をしたら、ヘビがこっちへむかってくるかもsign02しれません。


そこで、私はそばにおいてあった蚊取り線香

じょじょにヘビにむかってにじりよせていきました。





少しずつ、少しずつ・・・・。そうっと、そうっと・・・・・・・・・・。



ヘビ
は ちろちろ~っと舌を出して、

こっちを横目eyeで見ておりましたが、

そのうち、しゅるるーんっと 外へ出ていってくれました。ほっdash

でもまだ安心はできません。

また入ってきたら大変sign03と私は即座に窓をしめました。



そのとき
蚊取り線香がきいたのかどうなのかは

ヘビに聞いてみないとわかりませんが、

とにかく出ていってくれたので、よしとしましょうーーーscissors


また これらのことからもおわかりのように

ムカデ
にはジャムの空きビンsign03

ヘビには蚊取り線香sign03


もし このようなものに遭遇する機会がありましたら、

ぜひみなさんもお試しあれ~happy01



ちなみにそれからも 弟は全くヘビのことは知らずに寝ておりましたsleepy

世の中には知らなくてもいいことがたくさんあるものですねhappy01

にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村

« あびこ観音で厄払い | トップページ | ドラッグストアで第一類医薬品を買うのは »

ハプニング」カテゴリの記事

コメント

むくむくさま

ご無事でよかったっす。
すごい勇敢な少女だったのですねgood
大爆笑でしたm9(^Д^)プギャー

ありがとうございます。

ムカデには僕も思い出がありますshine

昔小さい頃、親父と寝ていました

そしたらカサカサと独特のムカデの足音がsign02

親父に「ムカデがおる~、起きて~」

と言いました。

何度も呼ぶと

「やかましいannoy」と飛び起き

電気を付けムカデをロックオンすると

手で掴みsign01

ブチっと真っ二つにsign01∑(゚∇゚|||)

窓を開けポイッと外へsign01

窓を閉めて

「やっつけたき、寝ろ」一言

すげえ~と思いましたw(゚o゚)w

むくむくさんは強いっすね~

僕も頑張らねば~

むくむくさん

思わず笑ってしまいました<(_ _)>
すいませんsweat01

昔はムカデ家によく出没しましたよねー
今は全然見ないな

4年生にして冷静な判断素晴らしい!!

私も小学生の時、プール掃除をしていて
何か落ちてる!!とつかんだのがムカデでしたwobbly

また、家の前の道路の脇に瓦が不法投棄してあり
父がどかしていたら、なっなんとヘビが冬眠中で
数えたら、67匹もいたというshock
都会では考えられない経験をしました。

ヘビは割と平気な私ですうsmile

むくむくさん 小学校の頃から勇敢ですねhappy01
そういえば最近ムカデ見ないですね
でも私の大嫌いな虫は毛虫ですcoldsweats02
あの姿、あの匂い 大嫌いですdown

蛇もダメですね
動物園とかの蛇のコーナー絶対に入りませんcrying

ぎょえ~eye
想像しただけでも
気持ち悪いですぅshock
わたしも生きてる虫は苦手です。
ムカデって何本、手?足?があるんだろう・・・

こんばんはぁ^^ノ
うぅ… と思いながら読んでいてsweat02
最後は(*^m^) 笑ってしまいました(゜゜;)ゴメンネ・・・
小4くらいの時の しかも1人の時って結構冷静に考えて行動するかも!?
なんだかよく思い出せませんが、同じような体験した気がします!
ゴキちゃんも… 超苦手でしたがshock
子どもが生まれて、目撃すると…
そぅなのです!また来るかもsign02
母になってからは、虫にも強くなりpunch
Σ(゚∀゚ノ)ノキャー! なんていわなくなりましたょcatface

shinetarou57さん こんばんは
すごく勇敢な少女だったでしょう?

父は仕事に忙しくて
毎日遅いし
母は頼りないしで
少女ながらも長女として頼られていたんですね。

昔は虫も平気でしたが、
大人になると怖くなりますね。

今は蚊ぐらいしか殺せません・・・なんて
でも子どもが危ないなら、
絶対に子どものころの勇敢な少女に
戻ることでしょうね。

普段はキャーキャーいってますよ(笑)

shineたぴあさん こんばんは
お父上、めっちゃ男前ですやんsign01
でも 昔の男の人って、そうだったんですよね。
大きな存在というか。安心して頼れるんですよね。

うちの祖父なんかヘビつかんで
「ほら~」なんてふりまわして
嫌がらせしてきましたからね(笑)

ムカデって、真っ二つにしても
生きてて逃げるでしょう?
半分になったムカデがまだそのへんにいたかも・・・なんて
ちょっと ぎょっとしましたか?

shineDonkoさん こんばんは
ヘビ67匹~sign03
よく数えましたね。
ヘビはきっちり並んでたのかな?なんて
想像するとおかしい(笑)

そんなに群れて冬眠するものなんですね。
何ヘビだったんだろう?

ヘビはやっぱり動き方が独特というか
怖いです。

ムカデが何度叩いても死なないので
本当はものすごーく怖かったんですよ。
でもやるしかなかった・・・。ムカデには悪かったのですが。
これ以上の犠牲者は出せません(笑)

shineうっちゃんさん こんばんは
うっちゃんさんは毛虫キライですか。
桜のあとの毛虫はたしかにイヤですね。

でも、まだ毛虫は弱いですよ。
やっつけなくてもいいし。
見た目は悪いけど、蛾や蝶になるとこも救われます。

それがこちらの方には
天王寺動物園があるのですが
私、爬虫類館(アイファー)はすすんで入りますね。
くさくないのもいいです。

別にヘビがみたいわけじゃないのですが、
ホシガメやウミガメ。
赤などのめずらしいカエル、イグアナなんかを
見るのは楽しいんです~。

shineみかんさん こんばんは
ムカデ、イヤでしょう?怖いでしょう?
本当に痛いんですよ。
かまれたらわかります。
刺すんじゃないんですよ~。

ムカデは100本も足ないみたいですね。
30から50本と書いてありました。
ヤスデはご存知ですか?
あれはわっさーって細かく足が生えてますよ。

でもムカデよりは凶暴ではない気がしますし、
ムカデより足は多いと思います。

別名千本足とかなんとか。
芋掘りの時によく遭遇しました。
もちろん、男陣はキャーでしたけど、
「虫がいるぐらいだから、よっぽどおいもはおいしいんだよ!」と
いっておきました(笑)


むくむくさん 勇敢ですねsign01
多分、いや絶対に私より勇敢ですw
でももしかしたら、蛇が近くにいても
熟睡出来ている弟さんが最強なのかもしれませんねw

shinekikyouさん こんばんは
みんな結構笑ってますね。なぜなのだsign02

実は小学校5,6年生のときかな?
男の子が休み時間にめんこをしてたんですね。

それを何気なく見ていたら、
地面に小さいカマキリがいたんです。

それで、あ、カマキリがいるな~と思ってたら。
男の子がめんこにヒートして後ろにさがってきて
カマキリをグシャーってふんじゃったんですよ。

男の子は気付かないままだったけど、
足をどけたら、またそのカマキリが少し持ち上がったの。
そのまま死んじゃったのですが、
その死を目撃してから、なんだか虫はダメダメになってしまいましたね。
今まで生きてるのを見てたのもあって、恐怖体験でしたね。

今わざわざさわる虫といえば、バッタとか蝶々ぐらいかな。

でも、子どもがハチみたいなものに刺されたときは
とっさにフライパンでつぶしましたねscissors

shinesugataさん こんばんは
今はぜんぜん勇敢じゃないですよ~。
だんご虫ぐらいなら転がしたりしますけど。
かえるもつかまえますけれど(笑)
我が家は私の方が男前なものですから。

でも子どもがいると怖がるわけにはいきませんね。

子どもには虫に興味を持ってもらいたかったので、
春は蝶々、夏はセミみたいな感じで、
一緒に網持ってつかまえにいってます。

図鑑で生態調べたり、結構楽しいんですよ。
飼うのはごめんですけどね。
といっても 夏はかぶと虫飼うハメになりますけどね。

弟、2度も就寝の際に襲撃されていますが、
1度は知らずにいたわけですから、
たしかに大物ですねhappy01

これを人は武勇伝というのでしょうかhappy01
毒が回らなくてよかったですね!

ムカデは我が家にたっぷり生息中ですwobbly

深夜、お風呂の下水からエッチラオッチラfootfoot
登ってきて、朝、風呂掃除をする時に遭遇しますdangerdanger

毒のことが気になって、箸でつかんで捕獲します。
そして、テッシュとビニール袋の上から、とどめを打ちます。
ゴキブリほど逃げ足早くないのが幸いですね!

って 

私はもの凄く冷酷な奴ですね!

庭の毛虫もこの作戦ですcoldsweats01

阪和線懐かしいlovely
お近くなんですねshineshine

歴史を覚えるのがめんどくさかったけど

仁徳の前方後円墳がテストに出ると

「やった~~happy015点ゲット!」

唯一の得点は貴重でしたhappy01エヘヘcoldsweats01
 

おはようございま〜す♪
ムカデ、嫌ですよね。
痛かったり痒かったりする虫は嫌いです!
でも、小さい頃は平気だったものも、
今は寒気が走ったり。大人になってから余計ダメになりました。
それにしても、むくむくさんは勇敢ですね〜。
ピンチの場面もなんか安心して読めるんですcatface
うふふ、ごめんなさい!
ムカデは一匹殺すとまた出てくるとか聞いたことがあって
(ウソかホントか迷信だと思うけど)
それで嫌なんですよ〜。コワイ^^
わたしは、青虫とか、ダメです。
小学生の頃、襖のふちにぐちゃっとつぶれた青虫のようなものを見て
ゲッ!と思ったら
どうやらわたしが襖をあけた時に腕で潰したらしくて・・・。
本当に青虫だったかどうかは定かではないけど
それ以来見るだけでぞぞ〜っとします。
それにしても、宗教関係のおばちゃんたち!
小さい子ども一人救えずに、いったい誰を救うというのだろう?
よく放っておけましたよね〜。

shinechaukenさん こんにちは
chaukenさんって、すごいですね!
ムカデをそんなにたやすく扱えるなんて。
すばらしいnotesです。

ムカデはものすごくかたいでしょう?
もう二度とあいたくないけれど、もしあったら
その方法でやるしかないですね。
なかなかジャムのビンはタイミングよくあいてませんから(笑)

熱湯をかけるという人もいますが、
家の中が水びたしになるし、ポットにお湯とりにいってる間に
逃げられたらおしまいですもんね。

古墳ありますね。
与謝野晶子記念館なんかもあります。
こんな情熱的な女性だったんだ~なんて思いました。
あの公園は、クラシック自転車なんかもあって、
自転車の乗り方講習なんかもあるんですよね。
久しぶりにいってみたくなりました。


shineYuuさん こんにちは
安心して読めましたか?
かよわい少女なのに、よくがんばったでしょう?
といっても昔は結構虫とか平気でしたからね。

ムカデはつがいで行動するってやつでしょう?
あれは嘘らしいです。
あやつにそう何度も遭遇したら、
ゾンビと闘ってるみたいなことになります。
だって死なないんだもんweep

アゲハチョウの幼虫なんかは
擬似目っていうのかな?
大きいうそんこの目があって
結構かわいいですよ。
いま、うちにさなぎがいますが、
生きてるか死んでるかわからないです。

おばちゃんたちね。
私もそのとき大人は信用できん!
と幼心に思いました(笑)
二人で「毒よねぇ?」「死ぬかもよ」なんてやりとりされて
『さっさと帰れーー、もとはといえばあんたらのせいだーー!』
なんて思ってしまいました。
でも、もしこんなことがあったら、
私はぜーったい助けると思えるから
よかったのかな?

4年生にしては、冷静沈着。と判断力と。
すごい!すごい!
やっぱり、むくむくさんは子供の頃からしっかり
しとったんですねぇ。
弟はいい姉ちゃんがいてよかったですなぁ~。
虫は、わたしもちょっと苦手だなぁ。
ダンボールをベランダに置いてたら、その中にトカゲが巣を
作っていたことがあったね。子供を産んでいてトカゲの子供が
うじゃ~って出て来たのには、涙したよcrying

shineどらこさん こんばんは
トカゲってそんなに子ども生むんですね。
カマキリはよく小さい赤ちゃんがうじゃ~って出てきてましたけど。

トカゲかカナヘビかわからないんですが、
小さいころ、飼ってたことありますよ。
今では絶対無理ですけど。

私がしっかりしてたというか
母がそういうことは頼りないので、仕方ないんですね。

近所のおばさんなんかは、
バッタ見つけたら、ぎゅってつぶさないと
葉っぱ食べられるよって言うんですけど、
バッタはかんだりはしませんから、かわいいもんです。
それはさすがにできません。

弟は私がありを飼ってたときは、
逃げ出したありにかまれ、
トカゲ?を飼ったときはトカゲにかまれ、
私のせいで、わりとさんざんな目にあってたみたいですけどね(笑)

ムカデといい、先日のクモといい、
足が6本じゃないものはいけません。

普通の虫なら、
ぼくも男の子ですからへっちゃらですけど、
足がたくさんあるってのはだめです。
足がないヘビもダメですけど・・・

学生の時住んでた下宿が古くて、
夜中に、ハッとして起きたら、
壁に大きなムカデが張り付いていたんです。

目が合ったというか睨まれたというか、
その晩は、朝まで眠れませんでした(^-^;

shinetakeさん こんばんは
そのときこそ、ジャムのビンが大活躍なんですよ~。
逃がしちゃいけません。
よくかまれなかったですね~。
ムカデはとにかく獰猛ですからね。
近寄ったら、必ずかむと思っとかないと。

あれから玄関で靴をはくときは
必ず靴の中を確認しますscissors
ムカデじゃなくても 何か入ってたらイヤでしょう?

たしかに足がなくても 足がありすぎても
なんか怖いですよね。
ムカデ画像貼り付けなくて良かったです(笑)

ムカデは『絶対に後ろに下がらない』というイメージから
戦国時代の甲冑にムカデのデザインがつかわれたらしいので
それに立ち向かった私もなんとなく女武将みたいですねぇ(笑)

こんばんわ(*゚ー゚*)

ムカデもイヤな害虫ですね~;
咬まれたことないけど田舎に泊まりにいくと
20センチくらいの大ムカデが脱衣所にいて
お風呂入るときにドキドキしてました(´・ω・`;)

それにしても他人とはいえ
留守番してる子供が
ムカデに咬まれて痛がってるのに
毒があって死ぬよとか無責任におどしといて
帰ってしまう大人。ひどいですね~
なんらかの対処できなかったのかな?w

ムカデって頭つぶさないと
まっぷたつになっても胴体だけで逃げるみたい。
気持ち悪いよね;
生け捕りが一番いい方法かもしれませんね!
私もきっと逃げ惑う役立たずなので・・w
退治してくれる子供が欲しいな~coldsweats01

shineぁゃさん こんばんは
思い出しましたsign03ぁゃさんは虫が苦手でしたね。
ママが苦手なら、きっとお子さんはしっかり退治してくれますよ。
そんなママのほうがかわいいheart02です。

うちの長男なんか、いまでこそ虫は平気になりましたが、
セミなんかもダメでしたからね。
触れるのは抜け殻のみで。

今はお友達に昆虫博士みたいな子がいるので、
その子の影響で、逆に新種を探したりしていますよscissors

虫は気持ち悪いけど、生態を知ってて損はないですよね。
ムカデはやっぱり切断ぐらいじゃダメなんだ~
だからといって、
頭をピンポイントにねらうのは難しすぎますよね。
やっぱり生け捕りですよねsign01

でも世界のどこかでは
きっとムカデも食べたりなんかするんでしょうね。

あのおばちゃんたちね~。
私、本当にびっくりしましたよ。
人でなし~sign03ですよ。
きっと自分のことしか考えられない大人だったんでしょうね。
結局は自分の身体ですから、
自分でなんとかするしかないと
子どもながらに思いました~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579987/53869412

この記事へのトラックバック一覧です: 一番きらいな虫:

« あびこ観音で厄払い | トップページ | ドラッグストアで第一類医薬品を買うのは »

大好きなうた

  • 青い春 back number
  • 繋いだ手から back number

大好きな曲

  • 葉加瀬太郎 Asian Roses