アクセスカウンター

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめ絵本

アマゾン

ブクログ

  • ブクログ

こどもあり夫婦

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 結婚記念日 | トップページ | アプガースコア »

2011年11月17日 (木)

天然に育てたい

うちの母は、自然派sign02で、

小さいころから私に

炭酸ジュースは骨がとけるから飲んじゃダメ。

砂糖が10個以上入っているんだから。

糖尿病になるし、骨がもろくなるよ」

と呪文のように言って聞かせていました。

私はジュースの味をあまり知ることなく育ちました。




他にも

「ラーメンは汁まで飲むと高血圧になり、太るからよくない」

「スナック菓子は添加物だらけ着色料のついたものは身体に悪い」

納豆は身体にいいから毎日食べなさい」

「あそこの家はお惣菜ばかり買ってくる。手作りのものじゃないと添加物がいっぱいで、

将来病気になる」

「カップラーメンやファーストフードなんか食べたら身体に悪い」

など数え上げればきりがありません。

その当時の私は、さほど食に興味もなかったのか

特別に不平不満を言ったことはなかったように思います。




さて、そんな母の作ったお弁当はというと、

女らしい可愛らしいなものは全く入っていませんでした。

お弁当の中身はいつもこんぶ巻きやら、煮物にしめられ、

いつもごはんに汁がもれている状態で、

お弁当箱をあけるのに少々テクニックを必要としました。

洗顔はというと、うぐいすのふん」というものが風呂場に置かれていました。

これはものすごく泡立ちが悪いし、ふんだけに臭くて、

本当に顔につかっていいものだろうかsign02とこわごわ洗顔しておりました。

『普通のせっけんを使いたい』と心の中で七夕さまに願ってしまったぐらいです。

幸い「うぐいすのふん」ブームはあまり長く続かなかったので、

七夕さまは私の願いをかなえてくれたようです。

そんな母に育てられた私はというと、

やはりせっけんシャンプーを好んで使っています。


私がまだ若かったころ、おじいさんやおじさんばかりの会社で

お仕事をさせてもらっていたのですが、

お年寄りなのに素晴らしい剛毛の人が二人ほどいたのです。

私はその人たちの頭髪の歴史がものすごく気になって、

「髪の毛がものすごくふさふさされていますが、

シャンプーは何をおつかいになっているんですか?」と聞いてみました。

すると「ずーっと身体につかうせっけんで頭もついでに洗っとるよ」とのお返事。


また、少しさみしいヘアースタイルのおじさんに

シャンプーは何をつかっているのかと質問してみると、

「〇○ット」と答えられていました。

弱酸性なのに・・・・・・sign02



これは決してシャンプーだけの違いとはいいきれませんが、

長い目で見たら、もしかするとせっけんの勝利sign03かもしれないと思い、

それ以来、そう信じてせっけんシャンプーを使うことにしています。



話を戻しますと、

実はあんなにうるさかった母が自分のために炭酸ジュースを買い、

ついでに孫にも与えているということに最近気づいてしまったのです。

炭酸飲むとすっきりするから最近こればっかり。

○○○もたまには飲んだらいいのに」

いけしゃあしゃあとまあっっangry



よくよく観察してみると、母はお惣菜を買ってきて、私の家で食べていたりします。

私には「そんなに手作りばかりするなんて、手をかけすぎ。

調子にのらせたらあかん。たまには手をぬかなきゃ、しんどいのは自分やで」

と攻撃してきますsweat01



母はカップラーメンも安売りでしこたま買い込んでいます!(・oノ)ノ

スナックもバリバリ袋を開けて、孫たちに食べさせています∑(゚∇゚|||)

まだ長男が赤ちゃんのころ、離乳食もあまりすすんでなかったときに

いきなり大福をあげたり(lll゚Д゚)もしていました。


どういう心境の変化なのでしょう。

長年の我慢で、たががゆるんでしまったとでもいうのでしょうか?


それだけなら、まだ許せるのですが、

私が今まで知らなかったことがあります。


納豆を食べろ、食べろ!とあんなにうるさく言っていた母なのに、

なんと自分は納豆嫌いヾ(*゚A`)ノだったらしいのです。

気づかない私も私ですが、なんだかしてやられたようで、

とーっても悔しいのですwobbly


とはいうものの、いまさら大人のくせに

「こんなこと言って、私には食べさせてくれなかった」

などと蒸し返しても仕方がありません。

もうこの件については、私は知らん顔をすることに決めました。




それでも今、母親となった私には、あのときの母の気持ちがよくわかります。

成長する子どもには身体にいいものをとらせてやりたいのです。

なるべく自然のままで育ててやりたいのです。

老いていく自分のことはもういいから、

子どもたちが健やかに育ってくれるようにと

ただひたすらに願っているだけなのです。

ちなみに「焦げたものを食べるとガンになる」といって、

焦げたものを余すところなくとりのぞいて食べていた学者さんが

ガンになってしまったと聞いたことがあります。


この話を聞いてから、

なんでもやりすぎはよくない、

ストレスなく、ほどほどでいるのがいいんじゃないかな~と思うようになりました。


自分なりの価値観をちゃんと持って、情報に惑わされないようにだけ

気をつけていればsign03



でもそうはいっても、育ちはおのずと子育てに出てしまいます。

やっぱり私も「カップラーメンあかん」とか

「炭酸あかん」とかつい思ってしまうんです。

まあ、自分だけ食べたり、自分だけ食べなかったり

ぜーったいしませんけれどhappy01

にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村

« 結婚記念日 | トップページ | アプガースコア »

むくむくのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございま〜す♪
なんでもバランスですよね。
わたしもカップラーメンや炭酸は
あまりたくさん食べたり飲んだりはしなかったです。
でも、初めて食べたときの衝撃は大きく
こんなおいしいなんて〜みたいな。
食べつけるとそうでもないんですけどねsweat01
でも、小さいときからの食生活は大事だと思ってますから
最低限は気をつけようと思ってます。
とはいえ、働いていたときは
しょっちゅう外食でしたがΣ( ̄ロ ̄lll)

いわゆる体に良い食品とされているものも、
実際にどんな物質が何に良いのか、本当に良いのか
どれだけの量をとれば良いのか、
科学的に証明されていないものが多いみたいです。
そうですよね、人間で実験できませんもの。
科学者の端くれのパパがいうには、多分、いいだろう、ぐらいなんですって。
ローヤルゼリーとかカテキンだって。
いいんだろうけど、詳しくはよくわからないし、
量だって多ければ良い訳ではないみたいです。
でも、まあ、いいと言われてるものを取らない手はないし、
偏らずにうまく取り入れられるなら取り入れていきたいですね。
ていうか、そういう姿勢の子どもになってほしいです。
まあ、わたしがあまりにざっくりしてるから
子どももそうなっちゃいそうですけどね・・・think
むくむくさんのお母さんを少し見習って
ラクに流れないように気をつけたいと思います♪

Yuuさん おはようございます。

今でこそ、食育とかいってますけれど、
昔はあんまりうるさくなかったんですよね。

昔の人はごはんとぬかづけさえあればよかったみたいですし、
今は栄養をとりすぎな気がしますね。

食べ物もこの組み合わせがいいとか悪いとか
毎日の食卓でいちいち考えてたらいやになっちゃう。

ほどほどに、ですね(o^-^o)

ちなみに次男の幼稚園は
食育、服育、住育をうたっています。

いまどきの幼稚園はすごい!と感心します。

こんにちは^^

むくむくさんのお母さんは面白い方ですね。
でも私の周りの知人でも、お母さんはだいたい子供の
ためにと心配りする人が多いので、可笑しく読ませて
いただきました(^^)

うぐいすのふんだけは 話にはよく聞くけどまだ使ったことが
なかったので、買わなくて良かったと思いました (* ゚̄ ̄) 

ひろりんさん こんにちは(*^-^)

そうなんです。なんか矛盾した母なんですよ。
自分はえーんかい!ってつっこみたくなります。

うぐいすのふんは、こどもにはきつかったのですが、
大人にはどうなんでしょう?
美白などにいいのかしら?

一人目の子育て中のママさんなんかは、
子どもの虫歯をものすごく心配されるので、
あめを食べたらダメとか
チョコを食べちゃいけないとか
かなりがんばっておられますね。

おやつは子どもの楽しみのひとつだし、
自分も甘党なので、そこらへんは目をつぶってしまいますが(笑)

小学校低学年のころは、毎日豆乳飲まされてました。
おかげさまで、この年代にしては背が高い方かもしれません。

こんにちは(*゚ー゚*)♪

素晴らしいお母さんですね~shineそして面白いw

私も出来れば 炭酸やインスタントは避けたほうがいいと
思いますが 完全に除去するのは今の時代
特に難しいですね~(;・∀・)外食大好き・・w

うぐいすの粉・・ うちにもありました!
私も使ったことがありますが
ニオイが少し独特だったような^^

保湿剤には 馬油とか兎油とかも
塗られましたが どちらもまたクサイですw

セッケンは体にやさしいのかな~

シャンプーは 中に入っている薬品が
体に蓄積されてなくならないそうです。
その限度を超えると(体質も関係あると思いますがw)
髪が抜けたり 湿疹が出たりするらしいです。

オーガニックなものは 体に優しいんだろうけど
なかなかなお値段しますよねcoldsweats01

むくむくさんの気持ちも、お母さんの気持ちもどちらの気持ちもよくわかります。
何でも一度はまったらやりすぎるのが人間です。
そうですね。自然に生きるのが何よりです。
毒も少しは薬になるのが現実ですからね。
長年生きると、なんでもめんどくさくなるもので、こだわりもなくなったり、変わっていくものなんです。
面白いですよね、人間って、だからそこがいいのかもしれません。
ブログ読んでいいねしてくださって嬉しいです。
これからもお互いによろしく。

ぁゃさん こんばんは

ソンバーユ、つかったことあります。
ケモノのにおいがするような気がして、
すぐやめちゃいました。
なんでも合う人と合わない人がいますから、
自分の体質に合うものがどこかにあるんでしょうね。

シャンプーはすすぎが本当に大事みたいですね。

せっけんシャンプーだけではきしむので、
トリートメントは違うのをつかったりしています。

玄米なんかも一時はまぜて食べていたんですが、
おなかがゆるくなるからやめました。
黒酢も胃が痛くなるし。

野菜なんかは農薬ふってないわけがないし、
それでなくてもエンゲル係数が高いので、
ほんとほどほどに考えています。
無添加とか有機野菜は、お高いですしね。

母のすりこみのせいで、ちょっとした罪悪感を持ってしまうので、
いっそ催眠術かなんかかけてもらって、
克服したいものです・・・((+_+))

ユウコさん こんばんは

毒も少しは薬になるのが現実ですからね。>そうなんですよ。
長男のときは少々神経質になりすぎて、
かえって逆効果になってしまったように思うんです。


しかも母にそう育てられたわりに私は、
虚弱体質ですから。
しょっちゅう風邪ひきますし(苦笑)

本当に人間って気持ちが変化していくんですね。
今になって母に、逆に炭酸をおすすめされるとは思いもしませんでしたよ(笑)


むくむくさん
こんにちは。
「逆におすすめされる」でハタと思いました。
自然に、と書いたのは自然食品を選んでお母さんのようにという意味ではないですよ。
つまり自然、(天然でも)、あるがままに、頑張りすぎずにという意味です(笑)。
こだわっても、結局、こだわりつくせない現実があるから、何しろいくら頑張ってもそのうち友人の家や外食などで何を食べさせられているやらわからない事が当たり前ですが起きるので、一生懸命していた母親たちもみんな途中であきらめるんですね。
私は洗剤は粉石けんにこだわっていた時期が長い間ありましたが、その粉石けんが水を汚している数値(たしか水がきれいになるまでにかかる数値が結構高かった)を見て、ショックを受けたことがありました。
それで、何事もカンカンにやりすぎても、一方で、逆のこともあるのだと教えてもらった気がしました。
むくむくさん、とてもよいお母さんだとほほえましく頼もしく思っています。
また読ませていただきますね。

ユウコさん こんにちは(^O^)

「逆におすすめ」というのは、
うちの母のことです。
あれだけ言ってたくせに炭酸をすすめてきたもので(笑)

ユウコさんのことではないので、気にしないでくださいね。
言葉たらずで、申し訳ないです(;;;´Д`)

あれだけあかん、あかんっていってた母が
ころっと変わったことへの驚きがあったのです。

私もはじめはきちきちしていたのですが、
そうするとやっぱりストレスになるんですね。

粉石けんは途中でやめてしまいました。
なんか洗濯機の汚れがひどくなる気がしたので。
ぬるぬるする感じがとれなくて。

それにあんまりクリーンな世界で育てすぎると、
逆にアレルギーになったりすると聞いて
何が正しいのかわからなくなってきましたし。

ほんと、何事もほどほどにです。

むくむくさん
気にしてないですよ。かえってごめんなさいです。
ところで、私のブログにコメントありがとうございます。
あの鐘の表紙の候補はプロのカメラマンの作品なんです。
実は、私が代表でやっているある仕事の関係で、表紙の候補写真を貼り付けて、理事たちにどれにしようか選んでもらおうと並べただけなのです。
写真はそのうち削除するつもりでした。
すみません。
気にしないでください。ほんまに。

ユウコさん こんにちは(o^-^o)

ブログに目を通させていただいて、
写真が素晴らしい!と感動したので、
コメントさせていただきました。

プロのカメラマンのお写真かな?とは思っておりましたが、
さすがいいお写真ばかりですね。
UPしてくれてうれしいです。
削除するんですか?もったいないです。

クリエイティブなお仕事されているんですね。
尊敬します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579987/53258862

この記事へのトラックバック一覧です: 天然に育てたい:

« 結婚記念日 | トップページ | アプガースコア »

大好きなうた

  • 青い春 back number
  • 繋いだ手から back number

大好きな曲

  • 葉加瀬太郎 Asian Roses